フォレスター エックス エディション。 スバル フォレスター 2.5 X エディション 4WDの基本スペック|中古車なら【カーセンサーnet】

駆動方式はすべてフルタイム4WDであるが、クルマの性格によって、ビスカスLSD付きセンターデフ方式4WD、アクティブトルクスプリット4WD、VTD-4WDのいずれかがチョイスされる。 販売価格は各販売店が独自に決めていますので、それぞれにお問い合わせください。

5Lが4ATのみ、2Lは4ATと5MTの両方を用意。

中古ならSJ型やS-エディションも選べる!値引き交渉もしよう 中古のメリットは価格や納期だけではない。

16
リヤシートは左右にアームレストを持つタイプで、6対4のシングルフォールディング分割可倒式。 フルエアロ• クロススポーツは、専用ルーフレールとローダウンサスペションにより立体駐車場対応の全高1550mmとしながら、専用の内外装デザインを採用し、走行性能の強化、STiバージョンは6速マニュアル、18インチタイヤやブレンボブレーキシステムを採用し、オンロードでの走行性能をより高めたモデルとなる。

2005年 「STi Version」を改良の上、販売再開(5月6日より販売開始)。 2007年 3代目に。

16
2018年4月25日 第15回北京国際モーターショーに中国仕様を出展。

0XT」系のみに標準装備されていたスポーツタイプメーター(常時発光式ホワイト照明)とアルミパッド付スポーツペダルを「2. 搭載されるエンジンは、スバルBOXER(ボクサー:水平対向エンジン)の縦置きレイアウト。 0XSをベースとしたモデルは、HIDロービームランプ、17インチアルミ&225/55R17タイヤ、イモビライザー、UVカット機能付濃色ガラスなど上級2. 「BEST of BOTH WORLD」を追求したクロスオーバーSUVをコンセプトとして、オンロードとオフロード、乗用車とSUVの最良を目指したフォレスター。 フロント六連星オーナメント(ダークメッキ)• また、2008年9月発売の特別仕様車「BLACK LEATHER LIMITED」をカタロググレード化し、「ブラックレザーセレクション」を設定(「プラチナレザーセレクション」は廃止)。

国内の一流タイヤメーカーで一流ブランドのタイヤであったとしても、 型落ちのタイヤだったり、 製造年月日が古いなどちょっとした事実がわかりづらい事もあるようです。 同じ頃、「CROSS SPORTS 2. グレードは、X20と装備を厳選したX、ターボにはXT。

ボディカラーが変更となり、「スパークシルバー・メタリック」を「アイスシルバー・メタリック」に、「スティールシルバー・メタリック」を「ダークグレー・メタリック」にそれぞれ差し替えた。 そもそも乗用車は余裕あるトルクでゆるゆると走らせるほうが疲れにくく、背高で重いSUVはさらにその傾向が強い。

5Lツインカムの計3種類の水平対向4気筒エンジンをラインアップする。

販売期間 2018年7月19日 - (発表:2018年6月20日) 5名 5ドア ' 2. ハーフレザーシート• 0T スポーツ」の2タイプ。 在庫対応分のみの販売となる。 タウンユースを意識した新グレード「CROSS SPORTS」を追加(10月31日より販売)。

19
両ユニットとも「良-低排出ガス」認定を取得する環境性能を実現し、特にクロスオーバーターボと呼ばれる可変バルブタイミングAVCS付ターボは、最高出力は控えめにしながらも低中速トルクと燃費性能を一層重視している。 0X」AT車をベースに、開放感あふれる大型ガラスサンルーフ、HDDナビゲーションシステムをはじめ、室内を爽やかに保つフレッシュパッケージ、ファブリックと本革を組み合わせた専用シートなどを装備。

エクステリアでは、ブラック塗装のフロントグリルや、ダークメタリック塗装のアルミホイール等でコーディネート。 0XSプレミアムセレクション」は17インチアルミホイールのデザインを変更するとともに、2眼メーターとセンター部のリングで構成された「スポーツルミネセントメーター」を採用した(「2. 0i-L アイサイト プラウドエディション」を設定。 「X-BREAK」は、「クリスタルホワイト・パール(有料色)」、「アイスシルバー・メタリック」、「ダークグレー・メタリック」、「クリスタルブラック・シリカ」の4色から選択ができる。

また、ボディカラーは「X-BREAK」専用色の「タンジェリンオレンジ・パール」と「デザートカーキ」の2色を廃止した。 2Lシングルカムには副変速機が組み合わされローレンジでの強い駆動力を得ることもできる。