鴨 の 橋 ロン。 鴨乃橋ロンの禁断推理 1/天野 明

長い前髪で目元を隠した名探偵「鴨乃橋ロン」のキャラクターデザインに、「厨二病再発しそう」とするファンも少なくないようだ。

2
あまりにも嬉しくなったので、このシリーズに限定しての感想です。 転生領主の優良開拓〜前世の記憶…• がうがうモンスター• 魔王の俺が奴隷エルフを嫁にした…• 勿論トリックも言うこと無し。

ガンガンONLINE• 報道などで被疑者が無断で公開を企てたとされている、英語海賊版サイト「mangapanda」は複数のマンガ誌を発売日前に入手し、それをスキャン、翻訳、加工して自らのサイトに掲載し広告収益を得ていた非常に悪質なサイトであり、また、他の海賊版サイトにスキャンしたファイルを供給するなど、国境を越えた海賊版グループの中核と推測されます。

実のところ密室のトリックは、釣り糸を使った原始的な機械トリックだとばかり考えておりました。

落ちこぼれ国を出る ~実は世界で…• うしろの正面カムイさん• 面白い漫画が多すぎる。 作者は「家庭教師ヒットマンREBORN!。 細かく描き込まれた絵に、「相変わらず綺麗な作画」「やっぱり絵が美しい」というツイートも多い。

18
「リボーン初期のギャグノリもあって楽しい」「クスって笑ってしまう」など、探偵ものでありながらユーモアのある軽妙な会話のやり取りに笑えたという声も。 週刊少年ジャンプの2021年10号 2月8日〈月〉発売 に掲載の読切作品が、 「鴨乃橋ロンの禁断推理 かものはしロンの・きんだんすいり 」です。

あくまでも僕個人の基準ですが、本格ミステリというのは、「作者と読者の推理勝負が出来ること」が大前提にあると考えております。 一度犯人として捕らえられるまでの捜査も無理が無かったし、そこからの逆転劇も綺麗に決まっていた。 このレベルのミステリを今後も描いてくれると、いよいよ「週刊少年ジャンプ」が苦手としてきたジャンルに「ジャンプ+」で初めて成功を収められるんじゃないかな。

新米オッサン冒険者、最強パーテ…• コミックファイア• 回復術士のやり直し• 集英社ならびに週刊少年ジャンプ編集部は著作者が心血を注いで作り上げた大切な作品を正しい形で日本をはじめとする全世界の読者のみなさまにお届けするという自らの役割を果たすため、引き続き著作物の海賊行為に関しては刑事告訴も含め厳正に対応していきます。

ネット上は久々の新連載に盛り上がっている。 「鴨乃橋ロンの禁断推理」は、ひたむきだが成果に乏しい刑事「一色都々丸」と優れた推理力を持ちながら探偵稼業を休止中の訳あり名探偵「鴨乃橋ロン」がコンビを組み、さまざまな難事件に挑むというストーリーだ。

10
いじめるアイツが悪いのか、いじ…• 全て問題編までのヒントを拾い集めることで、読者が辿り着けるようになっていました。 署内にファンがいるほどの美人だが少々荒々しい性格をしている。

あだ名はトト。

2
フィクションが混ざらず、フィクションを混ぜる場合はその提示すら事前にしておく。

追跡学教官。

18
どこまでもフェアに、作中の描写だけで推理が出来ることが本格ミステリであるというのが、僕の持論です。 「鴨乃橋ロンの禁断推理」は、異色の天才探偵・鴨乃橋ロンと、ピュアでマヌケな刑事・一色都々丸がさまざまな謎を解き明かす探偵ミステリー。