半沢直樹 あらすじ。 【半沢直樹】最終話あらすじと視聴率!最後の決戦、箕部の不正バンクを探せ

高木(執行役員)(たかぎ - ) 演 - 専務執行役員。 大和田派。 この一件が、のちに竹下からの信頼を得る決定打になる。

電脳の一方的な契約破棄に森山は食らいつき、独自に準備していた買収スキームの提案に赴くが、その際に図らずも電脳の財務担当の 玉置克夫との会話から電脳がスパイラルの買収案件のアドバイザーを他社へ乗り換えた事実を知る。

東京都出身。 半沢はヤクザの手口だと罵り、倍返しを誓う。

さらに、不渡りを出して社長の東田満(宇梶剛士)は行方をくらませた。

永田は取り乱し、今さら再建は無理だと言うが、半沢は「帝国航空をバカにするな!もっとも不要なコストはお前だ!」と叫んだ。 山村(やまむら) 演 - 小林徹 大阪西支店業務課 為替担当 東田の個人口座から東亜細亜リゾート開発への5千万円の振込依頼書を発見し中西に知らせた。

11
役員会議では進退を賭けた決死の演説で債権放棄を受け入れる方向に誘導することに成功するも、主力銀行である開発投資銀行が民営化されることで政府からの支配が弱まったことを契機に債権放棄を拒絶することを決定し、東京中央銀行など他の銀行も開投銀の回答に倣うことを表明していたことから、目論見は頓挫する。 牧野の死後、紀本の口座に多額の金が舞い込んでいたことも発覚。

大和田は、半沢が帝国航空を再建できれば大丈夫だと煽った。 野川が箕部の甥だと突き止め、東京中央の支店で伊勢島ステートの決算書を見る。

するとスカイホープ航空を紹介されその融資担当は森山 賀来賢人 でした。

しかし、田宮は 「たまたま、借りた時期と貸した時期が重なっただけだ」 と、苦しい弁明をします。 2020年版ではフラワーアレンジメントの教室を自宅で開いている。 すると黒﨑も現れ、灰谷が紀本に指示されたことを暴露した音声を流します。

5
半沢「(大和田に)私との約束、覚えてらっしゃいますよね。

東京中央銀行から200億円の融資を受けた直後に、運用失敗による120億円の損失が判明するが、新担当の半沢に対し、銀行の都合でものを言うなと切り捨てる。

2
近藤は、 大和田 常務(香川 照之)と取引したことを話します。 。

半沢を栄転させ、刑事告発を免れたが、東南アジアへ出向が決まった。 ネタバレを見る 社内でパソコンが触れない半沢は瀬名の会社の高坂 吉沢亮 に削除を依頼。 しかし、帝国航空は商事から融資を断られたため、一転して、半沢直樹の再建案を受け入れるのだった。

半沢は、大和田の理念を問います。 半沢の妻・花を見下している。

大和田常務は「旧・産業中央銀行」出身、浅野支店長も同行出身である。 半沢が「伊勢島ホテルに於ける120億円運用損失発生に関する報告書コピー」を示し「200億円融資を指示したのは大和田常務ですね?」と質問するが返答せず。

10
小野寺順治(おのでら じゅんじ) 演 - 営業第二部第一グループ 調査役(2013年版第一部) 東京中央銀行合併後入行組。

ですが、それは東京中央銀行が作成したのとうり二つです。 経営危機で社員を路頭に迷わせまいと重責を感じるフォックスの郷田に対し、今回のスパイラルによるフォックスの逆買収は両社が目先の難局を乗り切るためだけではなく、フォックスの子会社「コペルニクス」が手掛けるネット通販事業とスパイラルの検索エンジンとを組み合わせた事業の将来性を見据えたうえでの逆買収であると説明しつつ 、瀬名が袂を分かった加納と清田がいつスパイラルに戻ってきていいよう彼らのデスクをそのまま残すなど、郷田同様に社員(仲間)を大切に考える人物で、尚且つ起業家として郷田を尊敬していることも伝え、郷田にスパイラルの傘下となることへの同意を促す。

17
伊佐山のやられっぷりは凄かった 歌舞伎役者だけあって、表情が凄すぎる。 支店長の浅野 匡 ただす(石丸幹二)も、5億の融資事故の責任を半沢直樹に取らせようとするため、敵となります。