若山 照彦。 若山照彦の噂・評判

2012年11月26日• また、 何故、若山照彦ではなく、小保方晴子博士が全面に出るように仕掛ける必要があるのか? これまでにも 、笹井芳樹ー小保方晴子愛人説をはじめ、多くの内部情報がマスコミに暴露され、流されたが、その情報源の多くは、若山照彦だったように見えるが、どうなのか。 理研は現状での責任問題を対処せざるを得なくなった。

何故なら、その時点で違うマウスを渡しても何ら意味がないわけで、それに拠って研究結果は変わらない。 14年6月、論文執筆者たちが事態を収拾するため、著者全員が論文撤回に同意した。

『リアル・クローン』 を著した作家の若山三千彦は実兄。 いや、これは失言だったにゃ… そもそ、若山教授は おとがめを受ける必要が ないということになってるにゃ。

19
これにより、STAP論文の撤回理由は、若山氏が作成したSTAP幹細胞に疑義があるということになった。

さらに実験中には立会人が置かれ、監視カメラ3台も設置、釘穴までセメントで塞がれたという。

9
茨城大学農学部卒、東京大学博士 獣医学。 こういう俗世の騒動には影響を受けずに、 研究に没頭していってほしいと にゃーこは願うにゃよ。

10
『日本経済新聞』夕刊、2010年8月19日。

アメリカのハーバード大学、マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学、ロックフェラー大学、イギリスのケンブリッジ大学など、世界中の著名な大学や公的生物学系研究機関、大手製薬会社からもアクセスが続いているという。 テレビの情報の限りでも、ちょっと情けないというか、『タレコミ屋』のような感じに見えてしまいます。

18
その中身は、かつての上司である 若山照彦・山梨大学教授批判で溢れており、あまり読後感がいいものではなかった。

これらが本当だとすれば、若山氏は、移管契約書に載せていたはずですが、載っていません。 植物を育てるのも好きでしたよ。

徐々に全員がクローンマウスのエキスパートとなり、1日に一千個以上の核移植が出来るような研究室となり、核の初期化に関する新たな発見をしてくれることを期待している。

が、1カ月以上にわたる教授の引っ越し作業を、まったく手伝わなかったという。 4・手記「あの日」の告発に対し何も答えられないのは何故か? 上東大特任教授は、若山教授が不当に予算を請求したからだと仰ってますが、 真意は定かでは有りません。

14
山で木登りをしたりして遊んでいましたから体力はあって、懸垂なんか10回もできましたね。