永代 供養 費用。 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説|終活ねっとのお墓探し

基本的に宗教フリー 詳しく解説します。

4
永代供養先を見つけます• 従来のお墓と比べて10分の1程度の費用で済ませられるタイプもあります。

また、永代とあるので「 永続的に・永遠に管理や供養をしてくれる」と考える方もいます。 位牌の購入をご検討中の方、位牌についてなにか疑問がある方は、下記のリンクから気軽にご相談ください。

20
永代供養の費用は様々ですが、寺院や霊園、お墓のタイプなどによっても異なります。

したがって、個別に法要を行う場合は 法要のお布施や 会場使用料がその都度かかります。 単独墓 故人のみが入る墓を建てて納骨するタイプです。 個別に法要を希望する場合は、永代供養を行っているお寺にお願いするか、法要会場を貸してもらって外部の僧侶を呼んで行えるものもあります。

1
価格を抑えることを重視している場合には向いていますが、 専用のお墓を用意したいときには不向きです。

すぐに合祀されることに抵抗があり、できれば子世代に個別の墓でお墓参りをしてもらいたいと願う人に有効です。 大きいものでは、10人ほどの遺骨を納められるものもあり、家族や子孫まで遺骨を納めたい場合は、この仏壇型が最適です。 このように菩提寺に依頼をすれば、故人のお墓については契約期間内は個別の永代供養墓に埋葬が可能です。

16
他の寺院でも、民間霊園でも受け付けてもらえます。

従来のお墓と同じように、 墓石を建立するものもあります。

5
第06位:納骨堂の費用は誰がどう支払う?永代使用料と管理費の支払い方. 遺される遺族の合意を得る 遺骨の管理・供養方法として永代供養が多く選ばれるのは、昨今の終活ブームにより、自分で自分のお墓を決める人が増えてきたことに起因します。 無料メール相談フォーム FAXでのお申し込みは、申し込み用紙をダウンロードしてください メールへ直接記入して、無料相談することも可能です 当フォームは無料相談フォームになります。

曹洞宗の永代供養の費用相場 永代供養の費用相場は、宗派によってというよりも、永代供養墓の形によって変わってきます。 また、塔のほかに お堂の形を模した「納骨堂型」や、古墳や塚をイメージさせる「納骨陵型」などもあります。

13
なお、個人情報の利用目的の通知または開示の際には、当社規定の手数料をいただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。 曹洞宗の人が永代供養墓を選ぶケースについて、5つのパターンをご紹介します。

かつての家制度が無くなり、核家族化・少子化が進んだことがその背景にあるといえるでしょう。 菩提寺に永代供養型の納骨堂があれば、話も手続きもかなりスムーズですが、そういうケースはなかなかないでしょう。 人数が増え、スペースが広くなると費用も増えます。

管理費・年会費は、 1万円ほどが相場になっています。 デメリット 永代供養の魅力にばかり目が行きがちですが、デメリットも少なからず存在します。