バイデン 不正 投票。 【バイデン不正】米パヨ「証拠はない」→「重要な証拠はない」→「結果に影響与える数にはならない」

そんな人々が、バイデンさんを勝たせる為に、やってはいけないこと、やってると思うんですよね。 それを使用すれば不正投票ができるのだ。

15
私たちはそれに挑もうとしています。

5 standard deviations from the mean. と書かれています。 例えば、ペロシ下院議長は選挙の前に、11月3日の投票結果がどうであれ、私たちは勝つだろうと示しました。

(更に最初に出した有権者数は1日時点なので、実際には「同日有権者投票」をおこなったもっと多くの人に、投票の資格があります) とありますが、これだと満票で360万票となる筈であり、1%なら最大でも3万6千票じゃないとおかしいですね?12万票で1%なら1200万票無いとおかしいですが、 登録者360万人の州で1200万票?は有り得ないですね。 ミシガン州デトロイト。

適当にサインするだけで、存在しない人間でもバイデンに投票できる状態。 トランプ氏が先行していたペンシルベニア州(予測開票率90%)でも、トランプ氏のリードは1ポイント差を割り込んだ。 トランプ陣営は現時点では、以下の法的手続きを行なっています。

7
だから怖がる必要はありません。

前回や前例が有ったなら、不正疑惑は起こらない、激戦州で注目されて異常な表の出し方されたから疑われたのにね。 「単に言い間違えたのだろう」と笑っていたバイデン発言がクローズアップ。 また、『突如』バイデン氏の得票が増えたことに関しても次のように解説している。

14
日本にも大いに関係のあることだと思いますので。 この「同日有権者投票」は20の州で認められている正当な方法で「選挙前の引っ越し」はどの国でも同じようなことは行われていると書かれています。

() の記事では『トランプ氏は不在者投票には不審な点があるとし、直接投票を呼びかけていたため、不在者投票のほとんどはバイデン氏への票となった。 当日投票であれば即座に自動集計されることで二重投票があれば即判明するでしょうが、郵便投票の場合は即コンピューターに入力することは出来ないため不正発覚までに時間を要しますね。

9
最後まで読んでいただきありがとうございました。 トランプ氏の次男・エリック氏は会見で、バイデン陣営が不正を行っているとし、「完全な詐欺だ。

問題となった部分は18:40〜から。 訴訟を各地で起こし、最終的に連邦最高裁判所に持ち込むことになるとの見通しも示した。 しかし、それでも各州での投票や票集計における不正疑惑は、市民からの次々と寄せられた情報により、さらに明らかになりました。

6
(参考:) このように大変白熱している2020年の大統領選挙では、様々な情報が交錯しています。 まるでトランプ氏がもう身を引くかのように、ツイッターは歓声をあげて、憚らずにトランプ氏の言論を封鎖し続けました。