茄子 の 育て 方。 ナス プランターの育て方

基本的に一番花の上下に発生する強い枝を使用します。 花の雌蕊(めしべ)を確認しながら肥料切れさせないようにしてください。

キャベツ• 実はナス栽培においてそこまで重要なことではないのですが、中~後半のすさまじい勢いと収穫に追われる猛暑の最中よりも、栽培初期のまだまだ皆さんやる気満々の時期ですから、相談も多いのかもしれません。

支柱の立て方についてはより詳しくこちらのページにまとめてありますので参照してください。 植え替え・植え付け 冬には枯れてしまうので、いったん植え付けると植え替える必要はありません。

8
よく見ると真ん中に1本の雌蕊(めしべ)があり、それを囲むように円形に雄蕊(おしべ)がいくつか配置されています。 肥料として、鶏ふんやボカシ肥料、そして、支柱となる竹の棒などを準備しておきます。

開花期 5月~10月上旬• 夏の思いきった剪定が、充実した「秋ナス」を生む! 「秋茄子は嫁に食わすな」という言葉がありますね。 5とされています。

10
3本の枝をそれぞれの支柱に沿って誘引しながら栽培するようになります。 ネギ類• 栽培に慣れて来たらぜひチャレンジしてみましょう。

当然味もまずいです。

この意味は、実は三通りあるようですが、いちばん有名なのは、「おいしい秋茄子を、嫁に食べさせるのはもったいない」というもの。 複数発芽させて間引いていくことをお勧めします。

ナスの効率的な収穫方法についてはこちらをご覧ください。

20
肥料切れのサイン タイミングは定期的にですが、雌蕊(めしべ)を見ながら判断してください。 ナス科の作物と相性の良いコンパニオンプランツには、ネギ・ニラ・ラッカセイなどもあります。

しかし種から育てることもできます。 ナスのかかる病気で代表的なものには、元気な株が緑色のまま急にしおれて枯れてしまう青枯病、葉の表面に白い粉のようなカビが生えるうどん粉病、葉や株の片側半分だけがしおれてしまう半身萎凋病などがあります。

種まき・育苗 種から育てると育苗期間が75日〜80日と長く、家庭菜園でも農家でも苗を購入するのが一般的です。 植えつけから収穫までの期間 60日前後• 追肥の目安は半月に1度です。

日当たり・置き場所 日当たりのよい場所を好みます。 収穫は気温の低い早朝に行い、果実に傷をつけないようにハサミで丁寧に収穫しましょう。

果実が充分に大きくなった頃に果実の周りの葉を全部摘み取ってしまいます。 下図のようにひもでつるすやり方もありますし、畝の数が多い場合はキュウリネット用のアーチパイプなどを応用しても良いでしょう。

これで3本仕立ての完成です。 さらには種から育てることもできるでしょう。 畑で栽培する場合は畝を作って水はけを良くしておきましょう 堆肥を入れてよく耕したら幅60cm~70cm高さ10cmほどの畝を作ります。

14
【参考記事】• 11月まで使う畝ですから、一生懸命やってあげましょう。

深型菜園プランターなど、深さ30cm長さ60cm奥行25cm容量30リットルくらいあれば、 2株を育て、秋茄子も収穫することができます。

12
江戸時代にも促成栽培があり、油紙でハウスのようなものを作り、馬糞や麻屑などを発酵させて温度をあげていました。