ライブカーニバル レゾナンス。 デレステ チューニング

この理論は「COMBOボーナス」系統の特技についても同様に適用されますので、ユニット編成の合計アピール値が多少下がったとしても、両方の系統の特技を持つアイドルを組み込んだほうが最終的なスコアは高くなりやすいです。

17
限定とフェス限で効果は同じになった。

クール特化のライフ中心とした編成で、フリックアクトを入れてみました。 これでレゾナンスは復権?!とはいかず、この編成はサポメンが使える時のみに限ります。

16
高確率は安定して点が出るが、期待値・理論値は少し劣る…という傾向があります。 10万近くの差がでるのは正直驚きました。

出演者が選んだ(自分の役の)名場面 小野さん 第1話から ジンがトアと出会ったシーン ジンの親友カズキが死んだ(と思われた)シーン 茅原さん 最終話 トアとジンがタナトスに吸収されそうになっているときに二人の愛で脱出できたシーン 諏訪部さん 第3話のギオの初登場のシーン エプロン姿で料理しているシーン 小野さんが選んだ第1話のシーンはこの物語の象徴的なシーン 「ひとりじゃないよ」とトアに言われたシーンです ドラゴノーツの声優オーディションが行われたのもこのシーンだそうです。 ただ、レゾナンス編成の場合、の強さや周期のほうが重要なことが多く、イベント補正がなければ特化より優先になることが多いです。 そのため、実質Coブース強という扱いで、5thBoothと同じタイミングで編成を考えました。

単体ではCOMBOボーナスより弱いものの、回復系との組み合わせだとCOMBOボーナスより強くなります。 特訓後の衣装がもこもこしていてかわいらしい所が実に仁奈ちゃんらしい。

Mas• スパークルとの併用でクリア狙いに加えてスコア狙いでもそれなりに活躍可能。

19
プリンセスにファン活ができる まず1、チャーム3枠なので編成難易度が若干落ちます 各特化チャーム3が難しいとか言ったらお終いですが… 続いて2のプリンセスにファン活ができる点。

秒数が長いほど初回発動が遅く、その分実質のカバー率が下がる傾向にあります。

8
ゲストなしのLIVEでは同一を2つ入れることができず成立しません。 プロデュースレシピは貴重品だったのであまり調べていませんでしたが、てっきりファン数でのポテンシャル解放を先取りするアイテムだと勘違いしていました。

称号の外枠が紫色になる500位以内が目標だったのでよかった。

18
この時にのように全く同じ種類のの秒数周期が被る編成はイマイチです。 の良い発動を目指して、ひたすらフルコンプレーを繰り返す事で少しでも理論値に近づけますが、1位とか1桁順位を目指すのでなければ発動率10にして一発で理論値近辺を出すほうが楽です。