壁貼りドラパルト。 【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策

A252振り帯でB特化確2。

18
そこで、 拘り系アイテムと違ってダイマックス後も火力が反映される「いのちのたま」を持たせることで、微妙に足りないギャラドスの火力を補うことにしました。 そして不利対面、またはドラパルトを無傷で残しておきたい時は「りゅうせいぐん」をいきなり打ち、控えのポケモンと交換して、有利対面を作りましょう。

まとめ これまでいろいろなポケモンを育成しており、気に入ったポケモンは様々な型を考えて何体も作りました。 ダイホロウが半減以下になる高耐久や状態異常にはやや弱めなので注意が必要です。 特性については、壁貼りポケモンを起点にしたり、竜舞を見せることによって、物理型のため特性クリアボディだと思ってか、壁貼りオーロンゲがでてきたこともあったため、すりぬけ推奨です。

7
・ 普通の起点作成、砂パだった時の名残です。

その上優秀な補助技をたくさん覚えるところがドラパルトの強いところ。 また、 ミミッキュであれば、どのようなドラパルトにも対面なら基本的に倒すことができるので、ミミッキュが非常にオススメです。 わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 起点作りに重点をおいた技構成 ドラパルトは技の選択肢が非常に豊富。

挑発持ちアーマーガアの場合こちらもアーマーガアを出すとTODが始まる。

中には物理と特殊を撃ち分ける両刀という型もいたりします。 2ターンで起きてしまったら、再度眠らせよう。

相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 対ミミッキュ A252補正あり命の珠ミミッキュとの対面の場合基本的に勝てません。

また、 ゴースト半減のポケモンが環境に少ない点も優秀。

8
ひかりの粘土が使用できない点、多くの場合壁が1枚しか貼れない点、退場が受動的な点がデメリット。 HPがそこそこ残っていたとしてもハイパーボイス+先制技で多くの相手を倒せるでしょう。

ナットレイ 特性 てつのトゲ 性格 のんき 持ち物 フィラのみ 努力値 HP:252 攻撃:0 防御:252 特攻:0 特防:4 素早さ:0 実数値 181-114-201-x-137-22 技 ジャイロボール ボディプレス やどりぎのタネ てっぺき 調整意図 HB:物理ポケモンとの打ち合いに勝ちたいため振り切り S:「ジャイロボール」の火力を上げるために最遅 解説 対アーマーガア入りにも選出できる「鉄壁ボディプレス」型 構築経緯でも述べましたが、ナットレイは構築の穴埋めとして苦手な部分をカバーする意味で採用しました。

13
また、Dに92まわすと、Cに補正のあるサザンドラのあくの波動を確定で耐えるようになります。 発売以降様々な型が現在進行形で開発されており、きちんとした方針で育成すれば何をやらせても並以上の性能を発揮する。

C 攻撃技を使う機会がそこまで多くはないので無振り 攻撃技1枠はシャドーボールが安定するので性格は臆病です。 ) 特性は「すりぬけ」を採用。 ・ブリムオン ランク差マッチで全敗。

14
特殊アタッカーが相手の裏から出てきてもS上昇で上から倒せるようにドラパルトは竜の舞を選択。 自分がよく遭遇するケースとしては、アーマーガアに投げてくるドラパルトです。

リフレクター 超 - 同上。 以上の5体では上手く壁を貼れていない状態でのギャラドスに対する 電気技、ニンフィアやトゲキッスに対する 鋼技、トゲキッスやギャラドスに対する 岩技、そして相手の ギャラドスやウオノラゴンが重いため、これらへの対策として ナットレイを採用しました。 なぜか育成した6体は全てメスw ではでは。

15
例をあげると、鬼火、電磁波、バトンタッチ、怪しい光、呪い、怨念、などなど。 物理・特殊・両刀が可能な高水準の種族値と多彩なサブウェポン、豊富な補助技を併せ持つことからカスタマイズ性が非常に高い。