パーフェクト ガンダム。 パーフェクトガンダム

プラモデルが大好きで、中でもとりわけガンダムが大好き。 腕時計バンドはありません。

大学卒業後は一旦地元であるに戻ったが再び上京し、アスレチッククラブでをしている。 コンバットエリアで四郎の駆るバイファムはロムのとグズ鉄のと戦い勝利、最終エリアでストリームベースから合格をもらい、ロムとグズ鉄が四郎の新しいパートナーとして加わった。

作品内に登場した実在のモデラー [ ] 本作には四郎のアドバイザーや先生として、実在のプロモデラーが数多く登場している。 更なる詳細はの項目を参照されたし。 またプラモシミュレーションのプレイヤーとしても、多くのライバルたちといくつものバトルを重ね、いつしか日本を代表するプレイヤーとなっていく。

尤も、冒涜的な発想云々についてはネタで笑い飛ばす人が圧倒的に多いが・・・。

近年のスタイリッシュな顔つきと比較すると「機動戦士ガンダム」放映当時の作画や設定画を思わせるイメージで、その世代の筆者も結構好みだったりする。 実際はマスターが開発した実験用プログラムによるもので、一種のであった。 一旦腕を取り外す必要がありますが、ガシッと掴むことができます。

14
そしてサイコ・ザクにガンダムの装甲を被せるアイデアは「善と悪が交錯して正邪が分からなくなるのが」という至って真面目なコンセプトである。 ワールドシミュレーション大会では、BCPC(バイオチップ・プラモ・コントローラー)というシステムが登場した。

デザインはやまと虹一。 形態では、脚部を装備した本機とほぼ同じ大きさである。

8
-- 名無しさん 2015-01-03 00:03:25• 本機のコンセプトを引き継いで開発された機体。

そういえばいたな、HCMパーフェクト、モデルガンの火薬でパージしてたな。

20
金属製の素材と電子工学を駆使した、ストロングパワーモデルと呼ばれるフルスクラッチモデルで四郎たちを苦しめる。

その後の「」の人気絶頂期、『』に幾多のバリエーションが登場したのを皮切りとして、「」や「」などにも登場する。

11
マスコット的存在。

モビルアニマル 模型秘伝帳編に登場。 ガンダムからパーフェクトガンダムへと換装し、シミュレーション・ゴー! 「プラモ狂四郎」は、自分が作ったプラモデルに乗り込んで、仮想空間の中で戦うという「プラモシミュレーション」が現実となった世界が舞台であった。 また、ロムとグズ鉄の操縦する支援兵器「」との合体が可能で、その運用コンセプトはに近いものがある。

13
が初登場(このときの呼称は「パーフェクトガンダムIII」)。 昨年秋の「TAMASII NATIONS 2019」では、参考出展されたパーフェクトジオングとの対決が再現されていたが、その他にも、レッドガンダムやガンキャリアー、武者ガンダムといった名機の復活に期待をかけつつ、このパーフェクトガンダムでさらなるプラモシミュレーションの追体験を楽しもうと思っている。

二種類の装甲を選択する元祖SD?>パーフェクトフルアーマーガンダム -- 名無しさん 2014-10-23 22:25:25• 後のガンダム対グフにも描かれているが、発売日には模型店に直行して並んでも手に入らない当時のガンプラブームを物語るエピソードでもある。 最終回でプラモシミュレーションマシンを封印、『新プラモ狂四郎』では「河童堂」、『プラモ狂四郎1999』では「長年の夢」という骨董屋の主人となっていたが、・パーフェクトガンダムの組立説明書内の読切漫画では、骨董屋の隣に再び模型店を開き経営していた。 名前は、SFライターで特撮専門雑誌『』の中心人物であった聖咲奇(ひじりさき)から付けられており、さらにサッキーファイブのメンバーの1人である山野辺は、当時聖の書生をしており後にプロモデラーとなった一戸寛の名前を転じたものである。

2018年12月14日時点の [ ]よりアーカイブ。 ビーム兵器と実体弾兵器を多数搭載しているため重武装となっている。

その魅力を紹介していきたい。 起動音も他のジオン系MS・MAと同じ「グポン」である。 機雷投下ユニット シールドの裏に装備されており、機雷を4基まで投下できる。

14
ガンダムと並べる。 プレーヤーとしては二人にやや劣るが、随所で機転を利かせてチームの勝利に貢献している。