火曜 サスペンス。 火曜サスペンス

浅倉(浅倉精工 社長) -• 階級は。 磐田怜子(ヘルス嬢・家出中) -• - 当番組のアイキャッチのBGMをギャグに使用。 しかし、看護師になりたての頃は、患者さんの死を全く受け入れることができなかったといいます。

20
音楽 - 、、• オープニング 番組冒頭でオープニングテーマ(フラッシュバックテーマ)に合わせて『火曜サスペンス劇場』のタイトルロゴを表示した後に、ストーリー全体のカット構成が入ります。 L 9月12日 刑事・鬼貫八郎(5) 妬み 鮎川哲也 「鍵孔のない扉」 佐伯俊道 坂上かつえ 大地康雄、 国際放映 9月19日 盲人探偵・松永礼太郎(5) 逆恨み 宮川一郎 吉川一義 古谷一行、ケーシー高峰 ユニオン映画 9月26日 小京都ミステリー(15) 大和路くみひも殺人事件 宇都宮郁代 合月勇 片平なぎさ、船越英一郎 大映テレビ 10月3日 土屋隆夫 南部英夫 、松村雄基 千里 秋のSPECIAL 10月10日 女弁護士・高林鮎子(17) 支笏湖10時30分の女 津村秀介 「定山渓・支笏湖殺人事件」 高久進 鷹森立一 眞野あずさ、橋爪功 東映 10月17日 (1) 小杉健治 石松愛弘 長谷和夫 坂口良子、小野寺昭 磯田事務所 10月24日 わが町VI エド・マクベイン 「87分署シリーズ たとえば、愛」 鎌田敏夫 吉川一義 渡辺謙、有森也実 オセロット 10月31日 取調室(3) 笹沢左保 山田正弘 洞澤美恵子 鷹森立一 いかりや長介、萩尾みどり 宝映企画 11月7日 震える目 坂上かつえ 黒沢直輔 黒木瞳、伊武雅刀 アスプロデュース 11月14日 救急指定病院(4) 渡辺善則 油谷誠至 池上季実子、野川由美子 総合ビジョン 11月21日 新・女検事霞夕子(6) 花を捨てる女 夏樹静子 橋本綾 鷲尾いさ子、左時枝 ユニオン映画 11月28日 昨日を探す女 土屋隆夫 木下亮 高木美保、 12月5日 京都北陸殺人街道 井上昭 若村麻由美、 松竹 京都・女性記者シリーズ 12月12日 九門法律相談所(4) 目撃者 和久峻三 「眠らない目撃者」 佐伯俊道 下村優 山崎努、 日本映像 12月19日 女監察医・室生亜季子(19) 埋葬 宮川一郎 鷹森立一 浜木綿子、左とん平 東映 12月26日 深夜高速バス 丸内敏治 麻生祐未、 年末SPECIAL 1996年 [ ] 放送日 タイトル 原作 脚本 監督 出演 製作会社 備考 1月9日 松本清張スペシャル 松本清張 大野靖子 嶋村正敏 古谷一行、余貴美子 松竹 霧企画 嶋村正敏監督の遺作 1月16日 弁護士・朝日岳之助(7) 逆転証人 姉小路祐 峯尾基三 田中登 小林桂樹、薬丸裕英 国際放映 1月23日 悪女の階段 新津きよみ 「イヴの原罪」 坂上かつえ 西本淳一 大竹しのぶ、森本レオ アズバーズ 1月30日 小京都ミステリー(16) みちのく角館殺人事件 佐藤茂 野村孝 片平なぎさ、船越英一郎 大映テレビ 2月6日 新任判事補(3) 佐木隆三 「生きている裁判官」 國弘威雄 千堂あきほ、田中健 オセロット 2月20日 やさしい遺言 土屋隆夫 「夜の判決」 橋塚慎一 猪崎宣昭 内藤剛志、風間杜夫 ユニオン映画 2月27日 盲人探偵・松永礼太郎(6) 狙撃 宮川一郎 山本迪夫 古谷一行、ケーシー高峰 3月5日 できごころ 日下圭介 木下亮 伊藤かずえ、渡辺いっけい 千里 3月12日 女弁護士・高林鮎子(18) 西の旅 長崎の殺人 津村秀介 小木曽豊斗 高久進 鷹森立一 眞野あずさ、橋爪功 東映 3月19日 地方記者・立花陽介(7) 但馬城崎通信局 岡本克己 吉川一義 水谷豊、森口瑤子 オセロット 3月26日 再会 深沢正樹 中村雅俊、斉藤慶子 春のSPECIAL テーマ曲「Day by day」ラスト 4月2日 女検事霞夕子(7) 俯く女 夏樹静子 篠崎好 斎藤光正 鷲尾いさ子、 ユニオン映画 「新・女検事霞夕子」から改題 この回よりテーマ曲「」 4月9日 おかしな夫婦2 宮川一郎 村川透 高橋英樹、 東映 4月16日 救急指定病院(5) 渡辺善則 油谷誠至 池上季実子、野川由美子 総合ビジョン 4月23日 名無しの探偵(12) 兄妹 ビル・プロンジーニ 畑啓美 緒形拳、有森也実 アズバーズ 4月30日 取調室(4) 笹沢左保 洞澤美恵子 鷹森立一 いかりや長介、伊武雅刀 宝映企画 5月7日 歪んだ果実 石倉保志 真船禎 藤田朋子、 IVSテレビ制作 5月14日 (1) (原案・前川洋一) 坂田義和 下村優 西村和彦、角野卓造 JAPAN VISTEC 5月21日 待ち続けた女 斎藤澪 「待っていた女」 橋本綾 猪崎宣昭 、伊原剛志 ユニオン映画 5月28日 小京都ミステリー(17) 肥前蛍の里殺人事件 宇都宮郁代 池広一夫 片平なぎさ、船越英一郎 大映テレビ 6月4日 (1) 幻の男 夏樹静子 佐藤茂 大室清 西郷輝彦、阿木燿子 テレパック 6月11日 九門法律相談所(5) 飛べない小鳥たち 和久峻三 「犯人の画かなかった絵」 山崎努、床嶋佳子 日本映像 6月18日 当番弁護士(2) 小杉健治 石松愛弘 南部英夫 坂口良子、北村和夫 磯田事務所 6月25日 女監察医・室生亜季子(20) 拳銃 宮川一郎 鷹森立一 浜木綿子、左とん平 東映 7月2日 失われた時間 鹿水晶子 斉藤員功 有森也実、宮下順子 中京テレビ 7月9日 女検事霞夕子(8) 二粒の火 夏樹静子 坂上かつえ 猪崎宣昭 鷲尾いさ子、川上麻衣子 ユニオン映画 7月16日 弁護士・朝日岳之助(8) ぼくは殺ってない 姉小路祐 峯尾基三 田中登 小林桂樹、薬丸裕英 国際放映 7月23日 犯罪心理分析官(2) 山田信夫 篠崎好 鷹森立一 松方弘樹、 東映 7月30日 私書箱25号の女 江連卓 山本迪夫 、 8月6日 盲人探偵・松永礼太郎(7) 兇信 宮川一郎 吉川一義 古谷一行、ケーシー高峰 ユニオン映画 8月13日 刑事・鬼貫八郎(6) 十六年目の殺人 鮎川哲也 「準急ながら」 坂上かつえ 山田大樹 大地康雄、左時枝 国際放映 8月20日 検事霧島三郎(3) 高木彬光 峯尾基三 三村晴彦 北大路欣也、黒田福美 C. 副音声と字幕放送 副音声では、視覚障害者のために「アイパートナー」と称される解説担当者(石丸博也)による場面解説を民放ドラマでは初めて1983年(昭和58年)4月(紺野美沙子主演、「突然の明日」)より放送しています。

原作 -• 第1作にも「花工房」店員役としてゲスト出演している(当時の名義も第3作と同じく「長澤ゆかり」)。

7
2016年5月8日閲覧。 制作 -• 江島光江(祐一と智子の母) -• 手話だけでの会話場面もあるが、相当なスピードでやり取りされ、内容は字幕で表示される。

内海透(風俗店店長) -• ストリングス、フリューゲルホルン、ピアノにパーカッションを加えたアコースティック・バージョン。 上原薫(スナック「くるみ」ママ) -• しかし、放送後に視聴者から作品化の要望が殺到したため、番組内のマスターテープを元に録音したものを製作し、抽選による視聴者200名のプレゼントとした。 岡村勝弘(赤沢の同級生) -• アパートの大家 -• 1990年代(平成2年)以降には、50歳以上の女性を視聴者に絞って定番シリーズを放送する安定路線が敷かれていきました。

恩田睦美 演 - (18・19) 指紋係。

以降は、主に50歳代から60歳代の女性を視聴者に絞り定番シリーズを放送する安定路線が敷かれた [ ]。 斉藤和夫(森の運転手) -• 、、、 第6作「命を粗末にする超ムカつく若者たちの理由なき犯罪」(1995年)• 第10作で長い間家を離れていたもう一人の娘・が戻ってくるも、結婚相手を連れてきたため、一時困惑する。 第4作では事件の容疑をかけられてしまう。

『スポーツニッポン』1998年11月17日付22面。

矢吹幸代の元夫。 副音声の解説放送は1990年10月開始で、東北地方の当番組ネット局では1番副音声の解説放送の開始が出遅れた。

15
光徳学園高校 教員 -• - 本番組にも出演した主演の「 火サス気取り」を放送。

岩崎鉄男 演 - 第一現場鑑識班係長。 「日常生活の中から、思いっきり違う世界に入らせてくれるもの。

20
第2作で気晴らしのため東京に出てきて世田谷第二誠和寮を訪れる。 小幡博行(弁護士) -• 中原祐子(ブティック店員・「クラクラ」元ホステス) -• 愛称は「ヌキ」。

、斉藤暁、、 スタッフ [ ]• 前田知孝(三洋銀行 行員) -• ホテル「リフレイン」従業員 - 堀ひろこ• 「火サスごっこと現実は全くの別物だけど、『こんな風にきれいに死ねないから、今やりたいことをやってください』ということも、伝えたいと思っているんです」 日常に、「サスペンス」を 最近は、ツイッターのフォロワーなどから「火サスごっこを体験したい」という連絡も来るそうです。 水木悟(盲目のサックス奏者・隆子の友人) -• 江島智子(祐一の姉) -• 丹野豊(優美の夫) -• 細井亜希子(貞夫と絹子の娘・女子高生) -• (主演:水谷豊、近代映画協会制作、全8作) 9月から水谷主演で浅見光彦シリーズを放映。 外部リンク [ ]• 赤沢勉(城北工業大学 研究員) -• ともあれ、足に刺さらなくてよかったです」「お気をつけて」との声や「科捜研の女の第一発見者」と大喜利をするファンのやりとりが見受けられた。

14
舞台として月島が選ばれた理由は、原作におけるアイソラのモデルであるニューヨークでは警察官は勤務地に居住して「自分の住む街を自分で守る」というスタイルとなっている事を考慮し、そういった描写が原作の描くドラマと共に可能な街というイメージを脚本の鎌田やプロデューサー陣が見出したという理由からである。 歴代主題歌 [ ] 歌手 主題歌 期間 作詞者 作曲者 編曲者 レコードレーベル 1 1981年9月29日 - 1983年4月26日 木森敏之 2 1983年5月3日 - 1984年6月26日 木森敏之 3 1984年7月3日 - 1985年6月25日 4 1985年7月2日 - 1986年9月30日 5 1986年10月7日 - 1987年11月24日 6 1987年12月1日 - 1988年12月20日 杉山清貴 7 1988年12月27日 - 1989年5月30日 筒美京平 武部聡志 8 1989年6月6日 - 1990年9月18日 竹内まりや 9 1990年9月25日 - 1991年10月1日 10 1991年10月8日 - 1992年9月22日 11 1992年10月13日 - 1993年9月28日 ビクターレコード 12 1993年10月12日 - 1994年3月29日 VAP 13 1994年4月12日 - 1995年1月31日 白井貴子 白井貴子 14 1995年2月7日 - 1996年3月26日 沢田知可子 (ストリングス・アレンジ) 15 1996年4月2日 - 1997年5月27日 高橋真梨子 十川知司 16 1997年6月3日 - 1998年4月7日 ジョー・リノイエ、 with ジョー・リノイエ (ストリングス・アレンジ) 17 1998年4月14日 - 9月22日 十川知司 ビクターエンタテインメント 18 1998年10月13日 - 1999年4月27日 (ストリングス・アレンジ) VAP 19 1999年5月4日 - 2000年3月14日 十川知司 20 高橋真梨子 2000年4月4日 - 9月26日 高橋真梨子 ビクターエンタテインメント 21 2000年10月3日 - 2001年10月16日 YOSHIKI 22 2001年10月23日 - 2002年5月28日 ANRI 23 2002年6月4日 - 2003年12月9日 玉置浩二 安全地帯 24 2004年1月6日 - 12月14日 一青窈 武部聡志 25 中村雅俊 2005年1月11日 - 5月31日 26 2005年6月7日 - 9月27日 森山直太朗 事前ミニ番組 [ ] 火曜サスペンスクイズ [ ] 1998年10月から2005年3月まで、番組開始直前の21:00 - 21:03の3分間は、事前番組として作品のごく一部にあたるに正解すると、抽選で3万円分の商品券が当たるという『火曜サスペンスクイズ』が放送されていた(ナレーションは。

肌が色白で、ビビッドな水色のワンピースがとてもよく似合う女性です。

12
名湯を訪ねて 火サスの概要 原則として21:00~22:54に毎週1話完結のサスペンスドラマを放送していた番組タイトルの通りに、サスペンスドラマ専門の番組でした。 本曲作曲者のがこの類似点を盗作と認めたため、作曲クレジットが木森と、盗作された上記楽曲の作曲者であるとの併記という共作クレジットに修正された。