東日本 大震災 津波。 【東日本大震災】津波の被害

また、震源から見て日本列島の裏側に当たる日本海側沿岸や瀬戸内海沿岸、東京湾内でも津波を観測している。

3
3月 11 日 14時50分 政府は、発災直後に官邸対策室を設置するとともに、緊急参集チームを招集しました。

サプライチェーンの被害 [ ]• 福島県の県外避難(2019年2月7日)(合計約5万人、県内避難は約8,600人) 1 山形県(1,822人) 2 東京都(7,449人) 3 新潟県(5,724人) 4 茨城県(3,943人) 5 埼玉県(3,820人) 6 千葉県(3,313人) 7 栃木県(2,948人) 8 神奈川県(2,449人) 9 宮城県(2,328人) 10 北海道(1,802人) 11 群馬県(1,688人) 12 長野県(1,003人) 13 静岡県(823人) 14 北海道(802人) 15 愛知県(795人) 16 沖縄県(738人) 17 大阪府(734人) 18 山梨県(710人) 19 京都府(702人) 20 兵庫県(604人) 推計人口 [ ] - - 被災地のうち、太平洋沿岸の青森県八戸市から福島県いわき市までおよび原発事故の避難地域の(2010年(平成22年)基準)を、震災前(2011年)と最新とを比較して以下に記載する。 航空自衛隊も冠水し、多くの航空機が破損した。

このほか、でも甚大な被害を受けた。

地震によるダムの決壊は日本初であり、世界的にも1999年ので決壊した石岡ダムなどについで稀有である。 速度が落ちたため襲来まで1時間あったが、北部に比べて中南部は過去の津波が数百年前であり、住民の意識が低いなかで想像だにしない津波に襲われた。 図4 新潟市の被災状況 地震発生直後に校庭に避難したのですが、津波が来るということで校庭から屋上に避難しましたが、いつもは見えない海が近くの屋根越しに見えました。

11

県北部は岩手県中南部沿岸と同様に津波高の増すリアス式海岸のため、津波常襲地域であり、津波への対策(防波堤や防潮堤)がなされていた。 昔の巨大津波観測計は、津波襲来後に回収してデータを取り出す方法であり、研究には役立っても津波予報には役立たないものでした。 城郭倉庫。

16
声似雷霆。

7(宮城県栗原市築館町)• 現地復興を手伝うボランティア活動は減少傾向にあるものの、現在もイベント設営・運営からライターやWEBデザイナーなど 東日本大震災を後世に伝えていくボランティア活動は継続して行われているのです。 6を最大として2011年12月末までに体に感じない微小地震を含め、16000回を越える地震を観測している。 今村教授は、都市の構造が被害を拡大させたと指摘し、次のように話しています。

18
通常の海水に比べ、10%重くなっていました。 しかし、政府など公的機関は名称を定めていない。

当初2011年度に予定されていた常磐富岡インターチェンジ - 間は、開通が延期された。

支援活動には、さまざまな方法があります。