プレア レヴェリー。 カナード・パルス (かなーどぱるす)とは【ピクシブ百科事典】

彼は複合武器を好み、常に専用の銃(ビームと実弾を切り替えでき、ナイフも取り付けられている)をMSに装備させている。 そのため唯一の成功例のキラに異常な対抗心を持っている。 それでも攻撃をやめようとしないマーレであったが、劾の警告によってやむなく撤退する。

14
Kの経営権を連合から取り戻した。 一族を滅ぼすため自ら乗船していた船を自爆させ、マティスと共に爆死した。

ドレッドノート…もう一度僕に勇気を貸してくれるかい? 」刹「俺は、戦うことしか出来ない」 僚機刹那 セブンソード• 彼ら5人の家はオーブに古くから住む氏族の一員であるが、その身分は5大氏族よりかなり低く、下級氏族と呼ばれている。

6
劾の過去を知る者は皆無であり、仲間であるサーペントテールのメンバーすら、彼の過去を知らなかった。

その能力は通常のとは比較にならない程であり、傭兵部隊との交戦ではと互角以上の戦闘を繰り広げた。 一見して冷淡な人物だが、本質的にはかなり常識的で、アクの強い部下たちも苦心しながらどうにか纏め上げていた。 ファントムペインと共同戦線を張り、アグニスらマーシャンを追討する5人のパイロットの1人であり、認識番号はジャガー1。

20
これは一族と同様の規模の組織を作って自分がその頂点に立つことで「 迂闊にマティアスを暗殺すると、悪意あるものがその組織を受け継いで人類の脅威になる可能性がある」という状態を作り出し、一族から身を守るためでもあった。 ジェスが取材に来た際に村に現れたと交戦し、グフギャラクティカは破壊されるが「ナイト様」は生き残った。

憎しみの連鎖を断ち切らないと…! トロヤは平和を守るために、劾やレオンズたちと協力して第四軍に立ち向かう。 自分の目的を達する上で障害となり得る13名の人物をのハートのカードに見立てて「 イレギュラー13」と呼んでいる(Aがキラ、2がロウ、4がプロフェッサー、6がエドワード、Qがラクス)。 経歴 本編の主人公と共に開発された「スーパーコーディネイター」であるが、カナードはキラと異なり失敗作である。

」カ「そうだ、それでいい 以降会話があるのかは不明 」 ロックした機体を撃破で勝利:カナード• 型式番号である YMF-X000Aと併せて YMF-X000A ドレッドノートガンダムと表記される。 プ「あなたは…歪んでいます! ダンテが作り出した戦闘用コーディネイターで、部下として彼に付き従う。

っ…やれるだけのことは…… 覚醒終了• ロウさんと戦うことになるなんて… 敵機ロウ 共通• 『SEED』のでは、ロウ達がを訪れた際、に潜入しの制服を着ていた隊の達と遭遇し、第2ドックへの道を尋ねている(ロウ達は「外来者らしい3人組」となっている)。 においては憎悪の対象であるキラとの対決・プレアとの邂逅を経て、条件を満たすとプレアやキラとの共闘を果たす。 その操縦の腕はかなりのもので、スクラップを修理した程度のジンで複数機の連携を行うコーディネイターの特殊部隊の乗ったゲイツと互角に渡り合うほど。

4
容姿が原因で捨てられたコーディネーターであるカイトからは初対面時に「外見のみの奴」と自分の努力を否定するかのようなことを言われ当初はいがみ合っていたが、後に奇妙な友情関係が芽生える。

親分肌で面倒見の良い性格で、ジャンク屋のメンバー達からも「親分」と慕われている。 以後はにおいて依頼交渉や艦の運用などを担当し、カナードを補佐している。 レオンズと共に連合、ゲリラとの和平会談に向かうが、連合と交戦状態となり、レオンズをかばってルカスのストライクEの対艦刀で機体を真っ二つにされるが、ソキウスに助け出され、一命を取り留め、終結後はソキウスとの交渉で勢力圏を決めている。

8
ナチュラルである以外、過去の経歴や本名、年齢などは一切不明である。 2-C EX•。

として甦ったジョージが自身の想像とあまりにかけ離れた性格であったため、これを本物と認めておらず、なにかときつくあたっている。 本人はこれをダンテによって与えられた、戦闘のための技能だと思っていたが、実際は遺伝子操作とは関係の無い才能であった。 ただ、アナタの全てを包み込む…• 」 ボス出現:僚機ロウ レッドフレーム改• で敵を翻弄するが、最後はジェスの援護を受けたディアゴにより撃墜される。

18
戦うために作られたものでも、使い方で人を救うことができる。 「」はで「勇敢な者」を意味する。

カナードさん…貴方を死なせはしません! 「密林のファイヤーボール」と呼ばれている異名も、グリーンフレームのビームライフルの発射テストの際、誤って周囲の森林を焼き払って大規模な山火事を引き起こしてしまった事で、その時の出来事と性格から皮肉を込めて呼ばれる様になったからである。 研究者としてはそれなりに優秀で、容姿端麗でもあるが、強いエリート意識とプライドを持ち、ナチュラルを露骨に見下している嫌な性格。 地球連合軍に雇われた傭兵。

16
ロックした機体を撃破で勝利• 『ガンダムSEED』シリーズにおいて設定を担当した下村敬治は書籍記事において、ザフトガンダムはGAT-X鹵獲以前からゲイツをベースに開発されていたニュートロンジャマーキャンセラー搭載型高性能試験機を母体としたと語っている。

穏やかな性格だが芯はしっかりとしており、人々の平和な生活を守るという目的のために行動している。 やり方の違いから、常に効率を求めるレオンズとは対立している。

10
これが軍をとなった原因でもある。