ピップ マグネループ。 国内最大磁力※200ミリテスラのピップマグネループが登場!広く深くコリをほぐす「ピップマグネループ(R)MAX」新登場シリーズ最強の磁力が諦めていたガンコなコリを改善

悩みが重度でこれまでのコリケアに満足しきれなかった方や、磁力の強さを最重視して選びたいという方に、ぜひお使いいただきたい商品です。 ピップマグネループブランドとして、17年培ってきた信頼感と、シリーズ最大磁力の製品の誕生への期待を集める結果となりました。

2
そこでこの度、ガンコなコリにアプローチする、シリーズ最強の200ミリテスラの磁力を持つ当製品を開発することになりました。

ピップマグネループは「ワンタッチで着けるだけの手軽さ」が魅力のコリケアアイテムです。 また、ピップマグネループMAXはシリーズ最強の200ミリテスラの磁力が血行を改善することで、しっかりコリをほぐします。

コリ悩みが深刻になってきた方や、これまでのピップマグネループでは満足しきれていなかった方にもお試しいただけたら嬉しいです。 お風呂にもつけたまま入っていただけます。

13
ピップマグネループシリーズ パッケージ変更について ピップマグネループシリーズはSDGsの取り組みの一環として、パッケージに使用されているプラスチック部分を、環境に配慮したバイオマスPET(サトウキビ由来30%)にリニューアル変更いたします。

この変更により、従来のパッケージと比較してプラスチック使用量を約50%以上削減することが可能になります。 コリを改善します。 ピップマグネループブランドとして、17年培ってきた信頼感と、シリーズ最大磁力の製品の誕生への期待を集める結果となりました。

17
また別の調査では、コリケア用品全般に対し、「効果」をしっかり実感できることが重要視されているとわかりました。 汗をかいても洗えて清潔です。

さらにストレスフリーなつけごこちを目指しました。 ・着脱カンタン 着け外しがカンタンなコネクター形状。

20
ピップマグネループソフトフィット、ピップマグネループEXは2021年3月以降に順次変更、ピップマグネループMAXは発売時点から新仕様のパッケージを予定しております。 実際に頂いたお声としては「ピップブランドは有名で安心」「この商品の下のクラスを現在使用しているので、新しく購入をしたい」などのお声をいただいています。

ピップマグネループソフトフィット ・コリの悩みが軽度 ・手に取りやすく、初めて磁気治療器を使う方におすすめ ピップマグネループEX ・コリの悩みが中~重度 ・ベーシックレベルの磁気治療器を使用したい方におすすめ ピップマグネループMAX ・コリの悩みが重度 ・磁気治療器を使用したことがあり、ランクアップしたコリケアを求める方におすすめ 製品評価 ターゲットである現在のユーザーに対し、当製品の使用意向を調査したところ、ユーザーの8割以上から「使用したい」と非常に高い評価を獲得しました<図3>。

12
・水洗い可能 ループは水洗い可能なので衛生面も安心してご使用いただけます。 このような背景から、 激しく動いてもバタつかず、 血行を改善することで首や肩のコリをほぐす、汗水に強いスポーツ時に特化した本製品を開発しました。

また別の調査では、コリケア用品全般に対し、「効果」をしっかり実感できることが重要視されているとわかりました。 主な原因として、「激しすぎる腕ふり」や「長時間の下向き姿勢」が挙げられました。

10
また、ピップ独自の技術である「W浸透磁力設計」を今回初めて導入。 実際に頂いたお声としては「ピップブランドは有名で安心」「この商品の下のクラスを現在使用しているので、新しく購入をしたい」などのお声をいただいています。

withコロナの社会において急激に定着した在宅勤務やおうち時間の増加が、市場を刺激していると考えられます。 磁石の大きさや、使用する磁石の種類や磁気ループの太さなどを修正し試作を行い、現在のピップマグネループMAXが完成しました。

5
2021年3月8日 月 より全国のドラッグストア・量販店などにて販売開始 ピップ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:松浦由治)は、磁気の力で血行を改善しコリをほぐす磁気治療器として、シリーズ最強の200ミリテスラの磁力を持つ「ピップマグネループMAX」を、2021年3月8日(月)より全国のドラッグストア・量販店などで発売します。 数あるコリケア用品の中でも、ピップマグネループはワンタッチで着けるだけの「手軽さ」や一本で「ケアし続けられる」点が大きな魅力です。

また、ピップマグネループMAXはシリーズ最強の200ミリテスラの磁力が血行を改善することで、しっかりコリをほぐします。

また、ピップの調査では、コロナ禍での在宅勤務により、肩や首にコリを感じるようになったり、深刻化したという方が約8割いることが分かっています<図1>。