紙 コップ おもちゃ。 紙コップ工作の簡単に幼児と遊べるおもちゃの作り方!動くとかわいい♪

底にあけた穴が繋がるように、2組を重ねる• 紙コップ(作りたい数を用意)• シールを貼っても可愛いですね。

5
紙コップ• テープ(なくてもOK) <作り方>• カッター <作り方>• 起き上がりサーカスうさぎの材料• 恐竜のトリケラトプスになりきれるお面の作り方です。 黒色の画用紙やフェルト生地• ホチキスで挟むこともできるので、使い方が広がりますね。

しかし破損しやすく、針金が使われていることが多く、破損した場合危険であるため、極力使用を避けたほうが安全に遊ぶことができます。 ただ膨らませるだけでなく、どうやったら早く膨らむか、誰のおばけが素敵かなど、3歳児ともなると自分たちで会話を繰り広げるようになります。 「さっと手を離すよ」「いちにの、さん!で手を離すよ」など手を離すタイミングを伝えてあげるだけで、楽しく遊べます。

4
紙コップ• 紙コップというよりも、音の鳴る楽しいもの、好きなおもちゃを入れられる便利なものとして、紙コップのおもちゃで遊びます。

ハサミやカッターを使う作業は危ないので、必ずパパママが見守りましょう。 で穴を開けた場所につまようじを差し込み、取れないようにボンドで固める (つまようじの平らな面が表に出るようにすると危なくない。 フック(釣竿の紐の先端につける)• 紙皿には紙コップと同じ特性と紙皿ならではのものがあります。

4
まとめ 紙コップ・プラカップの工作を楽しもう 紙コップとプラカップの特性、それを活かした工作の作り方を紹介しました。

(子供にやらせてあげましょう) 3 タコの顔をシールやペンで描きます。 2 色画用紙で作った動物の顔を上部分に、手のひらを両サイドに、それぞれセロハンテープでつける。 おもちゃの製作手順や必要な材料、効果的な声かけの内容なども合わせてご紹介します。

1
割り箸• トントン指で叩いて動く!海のクルクルダンス 足の支えがポイントのクルクルダンスは、海の生き物たちを、指でトントン叩いて動かすおもちゃ。

今の子があまり知らない昔ながらの遊びが登場するので、昔遊びの導入にも使いやすいと思います。 ゼリーの空き容器などを利用してベルトの中心にボタンをつけ、変身のスイッチを押せるようにアレンジしてみてもおもしろいかもしれません。

紙コップ 大・小• 慣れてきたら紙コップをテーブルの上で左右に動かして難易度を高める 親子でできるちょっとした遊びです。

紙コップに細かく切込みを入れ、切った部分を全て広げる• 動画のように絵柄に沿って穴を空けるだけでなく、ランダムに大小の穴を空け、紙コップの裏側にカラーセロファンを貼って逆さに置けば、カラフルなランタンにもアレンジできるでしょう。 半年もするとハイハイをするようになり、少しづつおもちゃを追いかけたり、動くおもちゃが刺激になって、赤ちゃんの成長を促してくれる存在にもなります。

19
割り箸の細いほうの先端に、タコ糸を結んで垂らす• 写真のように切り込みをいれたところを、外側に折ります。 ペンやクレヨンなどとの相性がよいため、絵を描いたり色を塗ったりして製作するのにぴったりでしょう。

これらの素材はやわらかく、子どもたちも使いやすいため、簡単にこまやけん玉、マラカスなど立体的に動く手作りおもちゃを作ることができるかもしれません。 紙コップを2つ使って、底同士をくっつけておもちゃに活かすこともできます。 線に沿って、そこから1センチほどのところまで切り込みを入れます。

12
お菓子の空き箱やティッシュの箱など、捨てる前におもちゃとして利用してみてはいかがでしょうか。

子どもたちの様子にあわせて、いっしょに紙コップを使った製作を楽しんでみてはいかがでしょうか。 また、この作り方を参考にしながら腕時計型に作り、「変身ウォッチ」としてもよさそうです。

ハサミ• すべて無料ですので気軽にご参加いただけます。