中国 検査 キット。 ファクトチェック:「中国から発送された検査キットにウイルス付着」 誤情報がツイッターで拡散

米食品医薬品局(FDA)は4日、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査キットについて、規格を厳格化すると発表したばかりだ。

20
実際に、「意図的にウイルスを拡散させようとしているとしか思えない」との声が飛び交っている。 実際、新型コロナ発生以来、数百人の医師たちが治療の際、感染して命を失っている。

そうしたなかで、中国から輸入しているマスクが問題視され始めている。

18
スペインの中国大使館は、Bioeasyの製品は中国による医療援助の一部ではなく、同社は製品を販売するライセンスを持っていないと述べた。 この教授らの後押しによって、 日本国内には中国製PCR検査キットが1億個ぐらい出回る可能性が高いという。

『当然そういう手続きを踏むべきです』と言ったんですけど、『いや、実質今の法体系では、とても無理です』と。 公衆衛生局によると、華大基因(BGI)グループ傘下のBGIゲノミクスが開発したこの検査キットは、ウイルスの数が非常に少ない場合、感染と非感染の区別ができない可能性がある。

同時に、国や地方自治体などへの寄付を含む提供方法の検討も進める。

[画像のクリックで拡大表示] 新たな検査法を活用した新型コロナウイルスIgG/IgM抗体検査キット「COVID-19抗体検査キット」を、マイクロブラッドサイエンスが中国企業のVazyme Biotechから輸入する計画。

企業側の説明では、「感染している可能性のある人の血液中の抗体を30分で検出できる」という。 しかし問題はその企業が保健所や米軍部隊などに約12万個の検査キットを出荷、更には多くの国にまで輸出していたということだ。

不良品のマスクを新型コロナの感染に苦悩する世界に大量に輸出して儲ける一方、正確率5%の検査キットで国内の反体制派活動家を取り締まる中国共産党政権は一筋縄ではいかない一党独裁国家だ。

人間が最初に新型コロナウイルスに感染すると、免疫系がウイルスを防御し、特異的な抗体が作られます。

FDAがどんな組織かは、調べてみないと分かりませんが、承認が得られていない検査キットで検査していたんですね。 post-likes-widget-placeholder. PCR法は専用測定機を必要とするほか、検査結果が得られるまでの時間が比較的長いなど、簡便性や迅速性などの課題がある。 関係方面と再三調整した結果、中国の華大基因(BGI)グループと深圳市(Shenzhen)マンモス公益基金会を通じてこのほど、新型コロナウイルス検査キットを日本国立感染症研究所に無償提供した。

14
最近、日本国内で新型コロナウイルスによる肺炎の感染をめぐる事態が持続的に拡大している。 ほかにもなど国々が、その会社の検査キットを購入している。