かえって 気 を 遣 わせ て しまい 敬語。 取り 計ら わせ ていただきます

それから東京へ帰って以後既に三、四回彼らと顔を合せたという記憶も、彼には多少の言訳になった。 主人が箱入りの コンパスを買って 遣 ( や )るといって彼を 騙 ( だま )したなり何時まで経っても買ってくれなかったのを非常に恨めしく思った事もあった。 確 たしかにエレミヤは,エホバがもたらす 災 わざわいについて 邪 じゃ 悪 あくなイスラエル 人 じんに 警 けい 告 こくする 点 てんで 際 きわ 立 だった 働 はたらきをしました。

13
そして「させて」の前には「相手に了解を得てする行動」である動詞がつきます。 それじゃ 強 ( し )いて頼まないでもいい。

健三はそれが何時出来上ったか知らなかった。 気兼ねしない友達とたわいのない話をする時、つい丁寧さに欠ける言葉遣いをしてしまうこともあるでしょう。 この「気を遣う」という言葉の正しい使い方ができているのか気になってきます。

2
ことに口は姉の方が比田に比べると十倍も達者だった。

また「」と、「させて」がつかない場合には、「して欲しいのですが」と相手にお願いをする意味になります。

8
(も 参 さん 照 しょう。 過去に起きたことについて伺う場合なら間違いはありませんが、現在のことを聞く場合は、本来なら「よろしいでしょうか?」となるはずです。

彼は自分の脈を取って見て、その早いのに驚ろいた。

9
しかし津田の影が曲り角から出るや否や、すぐ正面の方へ向き直った。

かなりかしこまった言い方となり、お客様の行動や言動などについて言う場合には、必ず尊敬語を使います。 ですが、「お手を煩わせる」という言葉を使うことで柔らかい表現になっています。

18
お延は偶然思いついたように、今までそっちのけにしてあった、自分の晴着と帯に眼を移した。 もしくは、あまり気がないのではないか? と推測できます。

鎖を切って逃げる事ができない時に犬の出すような自分の 唸 ( うな )り声が 判然 ( はっきり )聴えた。 彼は親類から変人扱いにされていた。

6
自分では正しい言葉遣いをしているつもりでも、実は間違った言葉遣いをしているということは少なくありません。