時短 営業 協力 金。 9月の営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金のご案内(23区内)

また、先に紹介した茨城県の「いばらきアマビエちゃん事業者登録協力金」のように、自治体ごとに独自の支援に乗り出しているケースもある。

12
対象業種は、接待を伴う飲食店と酒類を提供する飲食店で、9割程度の協力を見込んでいる。

の中小企業と同規模のもの• この場合に限り、営業時間に制限はありません(夜間時間帯も営業することが可能です)。

3 申請受付 今後、専用のポータルサイトを立ち上げ、情報発信や申請受付への対応を予定しています。 また、LINEによる連絡を行うこともありません。

詳細又は個別事項等は連絡先にお問い合わせください。 看板、メニュー、ホームページ(一般に広く公開しているもの)等の写真など 6 対象店舗において「時短営業の案内」を掲示したことがわかるもの• 新型コロナウイルスの感染拡大防止のために地方自治体の首長が要請する営業時間短縮などに応じた店への「協力金」について、西村康稔経済再生相は17日、1店あたり1日最大2万円、最長30日間と想定していることを明らかにした。

「感染防止徹底宣言ステッカー」を店舗に掲示している写真• 府では本部会議で決定した休業・時短要請に関してコールセンターを設置し府民や事業者からの問い合わせに対応する。

なお、狸小路については、狸小路1丁目から狸小路7丁目までの狸小路(アーケード)に面している店舗またはビルに入っている店舗とし、11月27日までの要請対象地域と異なります。 申請要項、様式等については、申請受付開始前に公表します。

10

対象店舗において、を掲示していること。 申請 通知等• 中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条に規定する中小企業及び個人事業主• 11.申請はどの様にすればいいの? 申請方法は、下記の3点。 運転免許証、保険証等 様式集 様式は申請受付開始前に公表します。

8
「何とか宣言にならないように対策を強化したい」と述べ、クラスター(感染者集団)対策や検査態勢の拡充に取り組む考えを示した。 jp」からのメールを受け取れるよう設定していただき、マイページログイン画面のパスワード再発行のリンクから、パスワードを発行してください。

5.「感染防止徹底宣言ステッカー」とは? 東京都が発行している、事業者が実施すべき感染防止策チェックシート(業種別)に記載の全項目を実施していることを宣言するステッカー。 店舗の代表者等であり、申請店舗を運営し、営業時間短縮等を行う権限を有していること。 協力金への支援を巡っては、菅義偉首相が16日の新型コロナ感染症対策本部の会合で、地方創生臨時交付金500億円を追加交付する方針を明らかにしていた。

14
特定非営利活動促進法(平成10年法律第7号)第2条第2項に規定する特定非営利活動法人であって、 常時使用する従業員の数が 1. 近く詳細な算定方式を盛り込んだ交付要綱を作成して各都道府県に通知する。

原則として、店先や店内に掲示した案内の写真 7 本人確認書面(個人事業主の場合のみ)• その他• 詳細又は個別事項等は連絡先にお問い合わせください。

協力した店には最大50万円が支払われる。

「時短要請に応じた日数」の考え方は下表をご参照ください。 対象地域内で複数の店舗を営業している事業者は、一括して申請してください。 おかしいな、と思ったら、ステッカー申請・感染拡大防止協力金相談センター(03-5388-0567/午前9時から午後7時(土日祝日も開設))までお問合せください。

9
酒類提供を行う飲食店、カラオケ店、料理店等 1店舗当たり30万円を支給します。 協力金第3弾コールセンター 045-330-4892• 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年法律第48号)に規定する一般 社団法人又は一般財団法人であって、常時使用する従業員の数が 1. 感染対策をしステッカーを導入している店には時短営業への協力を求め、対策を講じていない店には休業要請する。