大槻 毅 浦和。 大槻 毅監督との契約について

岩波には去年の時点から選手の軸になって欲しい、プレーヤーとしての技術とかだけではなく、グループのリーダーとしての振る舞い、ゲームを観察して、発信して影響力を出すところにもうちょっとパワーを持っていって欲しいというのは話をしていました。

5
その時間を共有してくれたこと、あの光景を見せてくれたこと、その他にも多くのことをチームのためにやっていただけたこと、全てに感謝しています」 「監督としてだけではなく、クラブのスタッフとして、浦和レッズの一員として、このクラブで長い時間を過ごせたことに本当に感謝したいです」 「『We are REDS! 「強面」と言われ続けた大槻監督だが、ユース時代に指導を受けた荻原拓哉は「優しい」と話している。 「1つのやり方だけができることがいいことがではないとはいつも思ってますし、どちらかというと臨機応変にやれた方がいいと思ってるんです、ただ、1つの型がないとそこまで行かないと思ってるからそこを作ろうと今年はやってきたし、ある程度の積み上がりは感じているところもあるけれども、やれるパターンは決まっているので、そこはもっと整理して表現させてあげたいとは思いますね」 ーーある程度のベースができて、戻りどころが確立されれば、状況によって3バックにしたり5バックにしても、また4ー4ー2に戻ってとか、臨機応変にできると。

「浦和を背負う責任」とは何たるかを理解し、体現できるチームにすることです。 しかし、GK正面に飛ぶ。

4
この間のJリーグでの成績は、2017年が7位、2018年が5位、2019年が14位、そして2020年が10位。 ああいう表面的なものは表面的なものだと思ってる。

[J1 34節] 浦和 0-2 札幌/2020年12月19日14:00/埼玉スタジアム 浦和レッズはリーグ最終34節、ホームの埼スタで北海道コンサドーレ札幌に0-2で敗れ、13勝7分14敗(43得点・56失点)の10位で2020シーズンの全日程を終えた。 暫定監督を含め、2度、浦和レッズの監督を務めさせていただきました」 「私が監督に就任するときは、クラブがとても難しい時期だったと思います。 埼スタだったのもあって。

そもそも今年は武藤がスタートでいなかったので。

逆にカウンターも受け始めたけれど、そこに入れる事でこっちも得るものはあるでしょという話をしました。 ちょっと待ってほしい。

1
あのスタジアムをこの状況で作ってくれたことに本当に感動しました。

それまでは、うちがセンターバックとボランチでいなして、3枚の横のところに出して、そこからサイドを変えてみたいなのが良くなっていて。

8
レオ&興梠の2トップもファン心理としてはもっと見たかったです。 「永嗣がちょうど19歳の時に僕は大宮にいて、名古屋に行く前の1シーズン一緒に仕事させてもらいましたけれど、本当にすごい成長意欲を見せてもらっていて、僕自身も若い選手が行くんだと。

その1つはプレー全体の強度を上げること。 右サイドの大久保、左サイドの田中を中心に攻め立てる浦和が試合中盤に追加点を奪う。

アジアチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を得ることを目標に掲げ、今回の2位G大阪戦は勝点3が必須の戦いとなる。

うちだったら左サイドバックの山中亮輔やセンターバック の岩波拓也、中盤に青木拓矢がいれば青木、柏木陽介がいれば陽介ですね。 ーー4ー4ー2の2ボランチに関して言うと、相手に引かれた場合は、ブロックの間で受けられるボランチがいて、多少狭くてもセンターバックから縦パスを受けられたら、どんどん周囲にスペースが生まれてくるところがあります。

そこから2トップが前に出なくなったじゃないですか。

そのあとチームが苦しい状況でも支えてくれて、いつも皆様がそばにいてくれることが、我々を後押ししてくれました」 「ここにいる選手たちには感謝しかなく、ともに仕事をするなかで、力強さと自信を僕に与えてくれました。

17
「今シーズンをもちまして、大槻毅監督との契約を満了する事となりました。 すると、浦和が守備からのカウンターで追加点を奪う。

これがファーに流れると、武藤の折り返しを伊藤が押し込み浦和が先制する。

12
ひとつは、昨年のAFCアジアチャンピオンズリーグ決勝第2戦での埼玉スタジアムの光景。