ベトナム 正月 料理。 ベトナム正月料理

Hongちゃんの一族のように、親族が1箇所に固まって村を形勢するように住んでいるので、来客も通常以上の多さだと思います。 また、このバインチュンには昔話があります。 Hongちゃん達が一息つけるのは、お正月3日目以降なのだそうです。

何も無理をしていません。

そこに街から出世をした、その農村出身の人物が自分の出身村に凱旋する時の絵です。 ゆでた鶏肉などを食べます。 そして、テトの代表的な食べ物としてはバンチュンというモチ米料理です。

2
フォーはこの麺に肉類や野菜、調味料を加えて食べますが、麺が美味しさを左右するため、重要な役割を果たしています。 ヌクマムのお白湯割りを美味しそうに飲む日本人を見て、お母さんが顔を崩して笑っていました。

バインチュンのために原料はもち米や緑種、豚肉で作って、ゾン葉(ベトナムの特別な葉っぱ)の中に包まれてます。 公務員のテト休暇は、土日の休日を振替えて1月23日から29日までの7連休でした。

Hongちゃん、お母さん、今年もお招き有り難うございます ハノイリビングの田口です。

私は香草(パクチー)もヌクマムも、何の苦労もせず受け入れることができました。

16
荷物を持たされた私は重くて難渋しましたが。 今日はHongちゃんのお母さんが特別に美味しいヌクマムを買ってくれていました。

今はこの一族のお寺を守るのはお母さんの役割です。 しかしシャッターには何も張り紙はありません。 旅行者は是非普段とは違うベトナムを楽しんでいってください。

14
フォーとブンは何が違うのでしょうか? ブンは白くて柔らかい丸麺で、うるち米の澱粉から作られています。 モチ米の中に、黄色い豆と豚肉が入っていて、周りをバナナの葉っぱで包んで保存します。

大きな花を咲かせられるような1年にしようという意味で、なるべく多くの蕾がついている木を買うのが縁起が良いとされています。

ゆで豚、野菜、ブン、厚揚げ豆腐などを、金柑とマムトム(えびを発酵させた紫色の調味料)を加えたつけ汁につけていただきます。