Line 既 読 に ならない。 女性がLINEで既読をつけない時の主な理由7つ

そういう場合は、仕事が終わって帰り時間や、お風呂上がりのゆったりする時間帯を狙ってメッセージを送ると未読スルーされにくくなります。

6
彼氏いないと思われたくない 男性からのLINEにすぐ既読を付けてしまうと、彼氏がいないのがバレバレになってしまいます。

喧嘩をしていて読みたくないから 彼氏などと喧嘩をして怒っている場合、LINEのメッセージを読む気にはなかなかなりません。

7
トーク画面がブワッと浮き上がるように表示されることからか、「ブオン」機能などとも呼ばれています(テレビ番組で藤田ニコルがそう紹介していました)。 しかし、一度既読してしまうと、すぐに返事を返さなければならない、返信時間の遅れが友情にヒビを、と考えてしまうかもしれません。

「どうやって確認するの?」と あなたは思うかもしれません。 女性が忘れてただけとか返信が遅いだけの場合、しれっとまたLINEが復活することもよくあります。 その中で一歩抜きん出て自分のLINEにだけ返事をしてもらえれば、未読の時間が短くなった分、あなたと女性のコミュニケーションの時間は必然的に伸びます。

未読がずっと続くようであればブロックされた可能性があります。

自分に自信を持つためにはあなた自身が変わるしかありません。

3
自分に自信がないからこそ 自分の価値を下げる行為をしてしまうのです。

それは、 未読メッセージがある状態のトークルームを別ウィンドウに分けると、その時点で既読がついてしまうということ。 LINEをする相手も、四六時中LINEを見ているわけでなければ、四六時中あなたの相手をできるわけではありません。 決まった時間に返答があるような女性には、時間を合わせてLINEを送ってみるのも一つの手ですね。

10
そして、最後には「既読を付けてもらうためにはどうしたらいいのか」についても考えてみたいと思います。 単純に「気付いてなかった!ごめん」という返事が返ってくるかもしれませんね。

どうして既読にならないのか、その理由をいろいろ考えてしまいますが、単純な理由であることが多いです。 時間を使って既読を付けることで、相手に 「既読ついたかな?」 と確認する作業をさせるように仕向けます。

14
スライダをドラッグしてデバイスの電源を完全に切ります。 平日、朝起きて満員電車に乗り込み、会社に着いて仕事を進め、お昼ご飯を挟んでまた仕事、急いで仕事に区切りを付けてまた満員電車に乗り込み、、と一日を過ごすサラリーマンにLineをチェックする時間はわずかしかありません。

未読スルーをしてもLINEがくるブロックしてしまおう… 女性が未読スルーをしているのに、察することができず何度もLINEを送ったり、「なんか怒ってる?」「俺のこと嫌いなの?」など追求する内容が送られてきたりすると余計に返信をしたくなってしまいます。

11
「縁(えん)」とは、人間の力ではどうにもならないものと言えます。 続きが気になるような内容のメッセージを送信し、しかもその内容が既読を付けなければ見られない程度に長いものであれば、既読を付けてもらえる可能性は上がります。

一行だけだと、本文の内容は少しならわかるので未読でもいいや、となってしまいます。 相手が返信を悩んでいる可能性もありますし、こちらのことをまったく気にかけていない、嫌悪感をもたれている、といったお互いの関係性に端を発している場合も。

8
自分が相手に対して好意をもっていることを伝えたいからです。 ブロックされると、すべてが水の泡になるので、質問は少なめにしましょう。