出産 手当 金 支給 申請 書。 出産で会社を休んだとき

自分ですることは、会社から申請書を受け取り、病院または助産院で証明をもらって、再度会社に提出することです。 次の記事を参考にして、貰えるお金はしっかりと貰っておきましょう!. 勤務先の健康保険に加入していれば、契約社員やパート、アルバイトの人でも支給対象となります。

被保険者期間1年以上の人 被保険者が給付を受ける月以前12ヵ月間の各月の標準報酬月額の平均額の1/30の3分の2• どちらに該当するかわからない場合は、勤務先に確認するようにしてください。

申請をしないと受給できないので必ず記入し提出します。 残業手当、休日手当、皆勤手当、通勤手当、家族手当、住宅手当、食事手当なども報酬とみなされるようです。 。

3
そして、働いている会社の健康保険に入っていて、自分で保険料を払っていることが必要です。 その場合には、支給される給料が、出産手当金よりも多い場合には、出産手当金の支給はありません。

後半の14日間は、本人に働きたいという意思があって、医師が大丈夫だと認めた場合には、職場復帰してもOKとされています。

4ヶ月以上妊娠していれば、流産、早産、死産、中絶も含みます。 出産の実費も医療費に入るので、領収書は保管しておきましょう。

それでは、この産休手当の支給条件や支給される期間について、くわしく見ていきたいと思います。 一方で、健康保険に加入していればパートタイムであっても出産手当金が支給されます。 被保険者期間が1年未満の人 支給開始日以前の直近の継続した各月の標準報酬月額を平均した額の1/30に相当する額 加入している健康保険の平均標準報酬月額の1/30(平均標準報酬日額)に相当する額1. 医師 ・ 助産師記入欄 医師または助産師に記入してもらいます。

1
社会保険の健康保険に加入している• ただし、社会保険料の免除は 自動的に行われるわけではありません。 退職日に出勤していないこと(退職日に有休はok)• 育休手当の支給日について 基本的には2カ月に1回、2カ月分の支給額が口座に振り込まれます。

支給決定通知書はいつ? 出産手当金の支給決定通知書とは? 出産手当金の支給決定通知書とは、受け取る出産手当金の支給期間や支給金額、入金日などが記載された通知書のことです。 そのため、ある程度、日数がかかるので、従業員の方には、産休から出産手当金が支給されるまでは、給料なども受け取れないことを理解してもらっておいたほうが良いでしょう。

15
申請期間に有給休暇や特別休暇など含め、給与が支払われた日がある場合は「1」を、ない場合は「2」のいずれか該当する番号を記入してください。 保険証を作った後に乳幼児医療証を作るため、できるだけ早く、勤め先または国民健康保険の場合は自治体に申請します。

そのため、最低賃金の時給パートの場合、育児休業給付金の方が休業前の賃金よりも高くなるケースもあるでしょう。

1
手当の支給開始日以前の期間が継続して12ヶ月に達していないときは、支給開始日が含まれる月以前に支払われている各月の標準報酬月額か、当該年度の前年度の9月30日における健康保険の全加入者の標準報酬月額を平均した金額のいずれか低い方を使用します。

初回と同じように、雇用主が公共職業安定所に提出を行います。 出産手当金の申請は、会社が記入する「事業主記入用欄」に、給与締日の翌日~締日までの出勤状況などを記入するため、1ヶ月(締日の翌日~締日)ごとの申請となります。 その場合には、支給される給料が、出産手当金よりも多い場合には、出産手当金の支給はありません。

16
自分で記入・押印することはできないので、忘れずに手配してくださいね。 申請出来る期間は、産前42日間(多胎の場合は98日)、産後56日です。