Bts on ダンス。 BTS「Dynamite」、真似したくなる“ポイントダンス”取り入れたパフォーマンス 『THE MUSIC DAY』では演出にも期待

チーム的にはRAP MONSTERがリーダですが、ダンスにおいては誰よりも大きな力になるメンバーです。 そのため、しなやかさと力強さ、キレの良さが共存しているのがジミンのダンスです。

4
そして、「I NEED U」の活動の時、盛り上がってきたと感じました。 デビューが決まり上京する前までは、主にコンテンポラリーダンス モダンダンス やバレエを授業で習っていました。

しかしJIMIN(ジミン)さんは、 「起きられなくなると思います」 「メンバーの甘い声で眠くなるかもしれません」 と、笑顔でコメントした。 すると次の瞬間、 ジンは突然 J-HOPEに向かって 「J-HOPEさえ許してくれればいいんだよ」と爆弾発言。 1?ダンスの特徴は? KPOPアイドルグループの中でも、ダンスのレベルやシンクロ率が高い事で知られているBTS。

ATEEZのメンバーであるウヨンはジミンの大ファンであり、ロールモデルとしても名前をあげています。 どんなジャンルの振り付けも自分の中で消化し、自分だけのダンスに変化させ魅せるのが本当に上手くその感性や表現力の豊かさが、ジミンの最大の魅力です。

ジミンは舞踊を経験したので線が美しいです。 BTSの振付師はソン・ソンドゥク氏 世界で活躍している BTSには裏方で BTSのためだけに頑張ってくれる一流のスタッフさんたちがいます! BTSの振付師として知られるソン・ソンドゥクさんもその中の一人で、 BTSのデビュー前からメンバーを教えてきた方です。

『DOPE』• 彼らのダンススキルの高さ、振り付けの魅力について語ります。 ソン・ソンドゥクは BTSのどの曲の振り付けを担当してるのか? デビューの時から BTSのパフォーマンスディレクターを務めているソン・ソンドゥクさん。

それぞれのメンバーのダンススキルやダンススタイルの特徴も沢山語ってくれて、さすが、いつもそばで見ている指導者ならではの言葉が随所にあり、ダンスヲタとしては、とても関心がある内容ばかりでした。

11
多方面からジミンのダンスを称賛する声も センターパートや見せ場をまかせられることの多いジミン。

その中でも、特にダンスが上手いと言われているのが「3J」と呼ばれている、jhope、ジミン、ジョングクの3人です。 つま先や指先まで、どこを見ても隙がないほど計算し尽くされた姿には目を奪われます。 そして防弾少年団の別の名称 『BTS』と呼ばれる意味ですが、韓国語で防弾少年団は バンタンソニョダン『 Bang Tan Sonyondang』と発音するので、その頭文字をとっての命名なんだそう。

2」のタイトル曲「RUN」が各種音楽配信チャートで1位を獲得した。

ソン・ソンドゥク振付師:J-HOPEは今も大きな役割を果たしています。 「ジミンは細かいディテールを生かすために努力している、ジミンのダンスは振り付けの先生が教えてできるものではなく、ダンスについて本人が本当に深く考え、才能も溢れてこそ生かせるものジミンには彼だけが踊れる芸術作品のようなダンス、見栄えがある。

6
「遠くから見てエネルギーが感じられるほどならば、ジミン先輩はどれほど熱心に踊っていらっしゃるのだろう?と思いました」と話し、その後にジミンの舞台映像を探して見たというボムギュは「骨が砕けるくらいに踊っていらっしゃいました。 O」の3曲は特に素晴らしい振付だと感じていたので、ソン氏の評価も同じだったことが、個人的に嬉しかったです(笑)。

すべては練習の結果である。 アイドルグループはどれだけ忙しくてもダンスの練習時間だけは確保している。

8
振付師がダンスを作りますが、それを BTSらしいもの・ BTSのオリジナルのものにするのはやっぱりメンバーだと言えるでしょうね。 ジミンのダンスを見て「自分もステージで前にいるファンはもちろん、後ろにいるファンの方たちにもパワーを届けたいと思った。

O」の振り付けを多くの人に見てもらいたいです。

3
防弾少年団は本当に音楽が上手なグループです。 BTSのダンスに日本人振付師は関わっているか? ここまで BTSの振付師やパフォーマンスの作り方について説明してきたんですが、 BTSの日本のファンなら、日本人の振付師はいないかどうか気になりますよね。