横浜 市 コロナ 感染 者 数 区別。 【新型コロナ】横浜の新規感染82人 カラオケ店でクラスター 区別状況も公表

大井町 7 -• ここからダイヤモンドプリンセス号の282人を除くと、64,537人になります。

13
感染者数の公表だけでは、状況が的確に伝わらない可能性がある」と言う。

年代ごとの新規感染者数 注釈 *1 横浜市が前週の新規感染者数の訂正をしたため、鶴見区と泉区の4月18日から4月24日の新規感染者数がマイナスになっています。 患者状態列に その他 という項目ができてますが、これはのHPによると、「 発生届が出た時の所在地が市外(他都市管理)」 とのこと。

8
スマート説明が自動生成したこのグラフの説明文 スマート説明 が自動で生成した内容を翻訳するとこんな感じになります。

受付時間:平日(18時00分~21時30分)、土日祝日(14時00分~21時30分) SNSによる情報発信 厚生労働省公式TwitterやFacebookでも最新の情報を発信しています。 感染者数累計は11月8日時点で4,292人 になりました。 Windows OSをご利用で、JavaScript(アクティブスクリプト) を無効のまま色の変更をする場合には、コントロールパネルの「ユーザ補助のオプション」(Vista以降のバージョンでは「コンピュータの簡単操作センター」)の設定で、ディスプレイ全体の色合いを変更してください。

2
法人のみの受付 問合せ先:GRP-cvic-info g. 県や市は工場や密接商店街の近代化 新型コロナ対策 に補助金を:老朽化施設のリノベーション 換気・空調設備等 や空間除菌器具の補助 関連記事: 付記: 1 唾液PCR検査2000円 法人 唾液PCR検査を低価格・高頻度で提供。 陽性率が高まると未受検者の間でも感染が拡大していると想定され、検査数を増やす必要がある。

「マスクに効果がない」もデマ• 営業時間の短縮に応じた店舗に1日あたり2万円の協力金を支払う。 5月に5%を切った陽性率は、6~7月には再び上昇傾向に。 開成町 10 -• 1回の検査料:2000円 税別• 亡くなった男性は1日に発症、6日に搬送先で死亡が確認された後、陽性と分かった。

10
幼保・児童 4 33人• 福祉・介護 22 338人🔥• 5万円 の設定、または乗車拒否を認める• 中井町 2 -• *2 横浜市が7月18日から7月24日のデータと7月25日から7月31日のデータをまとめて公表したため、その2週間のデータを半分にしたものを1週間のデータとしています。 新型コロナウイルスの感染者数は、市内でも、11月に入ってから急増し、直近1週間では1日当たり平均88. 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

別途、配送料、梱包資材費など• 区別感染者数(週1更新) 区別データ11月6日時点のもの。 検査は、各地の保健所や医療機関などで実施される。

3
清川村 1 -• このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 高精度カメラを使って観客のマスク着用率を調べる• 市が7日までに発表した患者の区別住所地は、次の通り(毎週金曜に更新)。

経済活動を続けるために職場でのマスク義務化• による2020年10月5日時点のデータから作成 3. その他のクラスター関連では、さいわい鶴見病院(鶴見区)に入院していた90代女性と50代女性看護師の感染を確認。 西区は中区に次いで人口あたりの感染者数が多い(写真はイメージ) 324人となった 最多の鶴見区、312人でこれに続く 青葉区とともに、港北区でも 累計感染者数が300人を超える状況となっています。

9
特に感染者数が多い横浜市や川崎市は混雑するメインストリートではマスクの義務化、市民の意識改革にもつながる 緊急事態の象徴• 同副市長は、「本市では感染の可能性のある範囲が把握できている場合は、施設名等は公表していない。 ただ、地域住民の陽性率への関心は高い。

5486については、抗原定性検査で陽性となりましたが、その後の臨床経過及び各種検査等の結果を踏まえ、発生届が取り下げとなったため、欠番といたしました。

7
資源循環局南事務所の50代女性職員の感染を確認。 本投稿の情報は2020年10月5日時点でのHPに掲載されている以下データを元にPower BIを使用して作成しました。