本屋 大賞 歴代。 おすすめ!【本屋大賞】歴代の”大賞”受賞作一覧

主人公の馬締光也をはじめ、個性の強い面々が「大渡海」の辞書を完成させるべく、人生をかけ情熱を注いでいる。 btn-primary, mail-register-form. 大賞受賞作以外にも ノミネート作品など 面白い本はたくさんあります。 から行われている企画である。

5
しかし、彼女は事故で逝き、いまはただ一人。

信長vs. 音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。 5点 5位 『ふくわらい』 西加奈子(著) 朝日新聞出版 182. おすすめポイント 調律という仕事に魅せられた青年が、自身も調律師になるという道を歩んでいく。

その80分で必ず記憶が消えるという数学公式のような絶対的なルールに、よるべない感情が沸き上がります。 」 身近な人が愛おしくなる、著者会心の感動作。

より、その集計結果の中から特に共感した1冊を実行委員会が選出し、「超発掘本! フェア• 彼は、いくつもの企業を擁する世界的に有名な「宝生グループ」、宝生家のお嬢様麗子のお抱え運転手です。

完璧なまでの演奏技術と音楽性を兼ね備えて、優勝候補とされる19歳のマサル。 20冊目『死神の精度』伊坂幸太郎 え?伊坂幸太郎ばかり勧めすぎじゃないかって?仕方ないだろう、面白いんだから。

陸上行為の走る行為に比例するように、疾走感のある文体が心地よく、自らもそこに立って共に部活を励んでいるように、染みこんできます。 5点 8位 『ひとつむぎの手』 知念実希人(著) 新潮社 167. 本作は、作者であるローラン・ビネ自身が、作品を書くにあたった経緯を語るところから始まります。 彼女の名前はマヤ。

14
みなが当たり前と思っている言葉についてもそのくらい繊細で慎重な作業を、長い月日をかけて、ひとつひとつ綴っていくのです。 0点 8位 『崩れる脳を抱きしめて』 知念実希人(著) 実業之日本社 162. 正しい辞書を私たちに与えてくれるために丁寧に丁寧に。

(より) 2006年 第3回 作者: 【内容】 読みやすさ、ユーモア、強烈な感動! 同時代の我らが天才リリー・フランキーが骨身に沁みるように綴る、母と子、父と子、友情、青春の屈託。

ただそれだけのことがどうしてこんなに特別なんだろう」。 石油を武器に世界との新たな戦いが始まる。

(より). 売りたい本」 をキャッチコピーとして掲げています。

10
(小学館より) >> 2010年(第7回) 「天地明瞭」(上・下)冲方丁(角川文庫) 江戸、四代将軍家綱の御代。

断るわけにもいかず本をレジに持っていく私。

3
(より) 2012年 第9回 作者: 【内容】 辞書作り、ときどき不器用な恋。 また、多くがクロスメディア化されており、映画やアニメになったものもあります。