ポケベル 用語。 今となっては暗号。ポケベル用語(「14106」=「愛してる」等)がまた流行る?

1987年には発信者側の入力した数字を受信端末の液晶画面で表示できるようになり、かけ返してほしい電話番号や、仲間内であらかじめ決めておいた数字の組み合わせでメッセージを送りあえるようになった。 1992年のブーム初期から最盛期の1996年にかけての爆発的な個人契約増加の裏では、医療機関を除き一般企業のポケベル離れが年々進んでいた。

若者は、結構軽薄な次元で使っている。 - (2018年12月4日アーカイブ分)• その理由は、1993年に女子高生ブームが到来し1992年頃から東京の一部女子高生の間でブームになっていたポケベルとそれをメッセージコミュニケーションツールとして使う彼女達の姿をマスメディアが頻繁に取り上げたためである。

ポケベルとは、電電公社(現NTT)が発売した無線呼び出しの愛称。

14
(1996年) - 主人公の恋を繋ぐ「魔法のベル」としてポケベルが登場。

「いたベル」:「いたずら」と「ポケットベル」の合成語。 また「14106」なんて言葉に出すと照れるけど「ポケベル用語なら伝えやすい」なーんて声も聞かれました。 ま、一種の謎かけとしても使われているようですね。

10
企業・サービス 最近ではポケベルを知らない世代も増えてきているので軽く説明すると、『ポケベル』とは、NTT(電電公社)が発売した手のひらサイズの受信機です。 「る」ことば• そのため、慣れればフリック入力並みに入力速度を上げることができます。

利用者は主に医療関係者とされる。 おまえの話しは内容がないよう。 1985年の通信自由化に伴い1986年にはテレメッセージグループ(東京テレメッセージなど)が無線呼び出し事業に参入、「テレメ」の愛称でポケットベルと市場を二分するようになった。

- ,. ちなみに相手がポケベル用語を知らない場合にはわざと自分で調べさせ、意味がわかると「も~う!(照)」なんてラブ展開を楽しむ人もいるようで……。 省略(中略)• ところが、許せないのが「オジン」「オバン」であったりする。

(現状維持) 大口利用の事例 [ ] NEC製作の「IDS(Information Display System)」を導入。 どんな立場のビジネスマンでも、自分なりに新しい企画を探すこと、は正しい姿勢です。

14
楽観視するっていえば、それまでだが……。

当時、私も1台持っていましたが、月額利用料は2000円~3000円くらいと記憶しています。 ちなみに、公衆サービス開始前のに放送されたの番組『』では、10月23日がであることから、番組内でポケットベルの試作機が紹介された。 契約者が月額定額料金を支払い、電話から呼び出す人も通話料に上乗せして呼出料を支払う。

1
発信者番号は通知されない。