ディスカバリー 新型。 ランドローバー ディスカバリー|価格・新型情報・グレード諸元

そのなかでも最大のニュースといえば、ランドローバー ディスカバリーの発表だろう。 装備は、いちいち選ばないといけないのでまじめにやると、時間が 続きを読む かかり過ぎる。

17
横方向のサポート性が引き上げられ、従来よりも長く厚いクッションなどにより、大腿部より下のサポート性や乗員の姿勢を改善する。 幅に関してはありとあらゆるところで言われているので全くその通りででかい。

さらに音楽サブスクリプションサービス「Spotify」が、インフォテインメントメニューに初めてデフォルトで組み込まれた。

12
最大渡河水深:900mm• 中身は一新、外観は大きく変えず…これがSUVの最新トレンドか ランドローバー ディスカバリースポーツが、驚きのフルモデルチェンジを受けた。

0L S R-ダイナミックは56,400ドル(582万円)から。 新型ディフェンダーが納車されるまでの期間、1台目として対象モデルのレンジローバー・イヴォーク、もしくはディスカバリー・スポーツに乗り、その後は、新型ディフェンダーへと計2台を乗り継ぐことができるという魅力的なプラン。

10
1列目のシートバックにはタブレットホルダーを内蔵し、2列目でタブレットを簡単に装着できるようになりました。 ただし、スポークなど小さな変更はされている模様だ。

車重は、現行モデルでアルミモノコックを初採用することで、2550kgだった前モデルから190kgもの軽量化に成功しています。 車体は、同じくコンパクトSUVとしてラインナップされている「レンジローバー・イヴォーク」をベースに制作され、全長とホイールベースを延長。 リアに荷物を積みこんだ時や外の光が弱い場合でも、より見やすく広い視野で安全確認をすることができるようになっています。

オプションで、フルカラーのヘッドアップディスプレイが選択できる。 エンジンラインナップはガソリンが3. 2017年に登場した現行ディスカバリーとして、これが初の改良新型となるが、内外ともに刷新されることが濃厚だ。

1台目の頭金は引き継がれ、車両の下取り価格を保証しているため、初期費用および維持費の負担を軽減しながら、異なるモデルを2台乗れるという魅力的なプランといえそう。 一昔前のデイーゼルとは大違いの静けさパワー!インテリアもまあまあ!レンジ2よりは遥かに良いが!燃費も9-10.この図体で今のところ長距離無しでこの数字は立派!滅多に使わないだろうが7人乗りも良いアイデア。 走行中のノイズや振動を抑え、安全性と快適性も向上している。

8
インフォテインメントシステムも11. この辺も最新SUVの水準に追いついたというか、領域によっては追い越したといってもいい仕上がりだ。 【使いたい環境や用途】 家族旅行 スキー 特に純正タイヤ雪道の走行性の感想を知りたいです。

8kgmの大きなトルクにより走りを楽しむことができるようになっています。 予防安全装備・評価 この車種は以下に対応しています。

この結果、24通りものシートアレンジを可能にし、実用性と多用途性をさらに強化している。 スイッチを押すだけでミラーをHDディスプレイに変更し、リアウィンドウの上に取り付けられたカメラからの映像を表示。

前車のGLEと変わらぬ安定感に加えて、トルクフルで経済的な性能はあまり知られていないのかと思います。 0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジン(D180)に加えて、2. 価格はまあ良し。 フロントシャシー部分のアーキテクチャーを刷新したことで、エンジンマウント位置を従来よりも低く設定。

14
そしてここパリで新型ディスカバリーがワールドプレミアを飾ると紹介したのち、スロヴァキアで新工場の建設が始まり、EVレースのフォーミュラEに今季より参戦し、ジャガー XFのワゴン版であるXF スポーツブレイクが2017年にデビューすることなどをアナウンスした。 新設計されたステアリングホイールの前にはデジタルメーターが配置され、リフレッシュされたセンターコンソールには新世代の10インチTouch Proインフォテインメントシステムを装備。

でも、オプション多すぎ。

ADAS 先進運転支援システム もアップデート 室内スペースの広さはディスカバリースポーツの伝統的な強みのひとつ。 新形状のスイッチと金属製のパドルシフトが付く。