ダン まち ウラノス。 ウラノスの目的や正体、ベル達を監視している理由は?ダンまち3期 第2話の感想・ネタバレ

都市最強と謳われ、 頂天と渾名される。

11
ヘスティアから、アホ扱いされていますが実際はいい奴で頭が物凄くきれます...本人は意識してないみたいですが...ね。

温和で純朴、誰に対しても丁寧にしゃべる。 アイズは、これに応え、部隊の撤退を確認した後、未知のモンスターを撃破し、遠征部隊は難を逃れる。 非常に頭が切れ、指揮官として計算された戦略や戦術が得意。

3
しかし、感情があるモンスターを守りたいと言い出したベルの意向を組み、ヘスティアファミリアで匿うことになった。

しかし、ウィーネのような 完璧に二足歩行のヴィーヴルはこの世界に彼女のみとなっているので額にある代物は 超激レアのヴィーヴルの涙(宝石)ですので、この世に1つしかないものなのです。 アニメになってあらためてわかる惨い展開。

13
そのため、嘘をつくのが下手。 6へランクアップ。

3 ウラノスが目指す「救界」とは神と人が力を合わせてモンスターに打ち勝ち、女神ガイアを元の姿に戻すことである。 これが切っ掛けとなりベルに憧憬一途が発現し、規格外の急成長を遂げてゆく。 その後、ニョルズは前髪で片目を隠した陰湿そうなから食人花の提供を受け、その運び屋としてイシュタル・ファミリアと関係し、その代わりに陰湿そうなヒューマンの金儲けのための密輸に協力していたと打ち明ける。

13
フィンに惚れており、フィンに好かれるために髪を伸ばし、口調や立ち振舞いを矯正しているが 、激昂すると口調が戻ってしまう。 今後はファミリアのリーダーとしての器をどうやって成長させていくかが気になるところ。

下界に降り、ファミリアを得たことで丸くなった模様。

8
二つ名は【炎金の四戦士 ブリンガル 】。 かつて、遥か昔では似たようなことがありました...しかし、 神と人が共存する形となり事実、神の援護によって人は力を得ています。

ロキたちは慌てて撤退し、逃げ遅れたフィンもレイが間一髪で助け出す。 アウラ・モーリエル 『ディオニュソス・ファミリア』の副団長。 そもそも、モンスターは人間とは違って、神からの恩恵は一切受けていない。

20
ベルには関心がなかったが、異端児を救ったベルを「本物の馬鹿な子」と評し、初めて興味を示す。 オッタルが初めて彼等に負けたのレベル3の頃で相手はゼウスファミリアの末端の団員。

ティオナ・ヒリュテ 声 - ティオネの双子の妹で短髪黒髪のアマゾネス。

8
ダンジョンの意志がその誕生を促し隠れ里を用意するという形で守護しているとするなら、 異端児たちはダンジョンにもかつて女神であった時代の意識、人と下界を愛する心がまだ残っている証明なのではないか。