中国 コロナ 訴訟。 激変するコロナ後の時代、中国共産党が恐れる「世界制覇の挫折」(長谷川 幸洋)

「中国人だけに作用する生物兵器」 米疾病対策センター(CDC)による新型コロナウイルスの電子顕微鏡画像。

11月からウイルスの存在を確認していた中国による症状や蔓延の隠蔽、及びWHOの癒着など様々な問題が噴出する中、被害者である国々は中国に損害賠償を請求できるという提案が国際弁護士により行われました。 具体的には、デリー大学とインド理工学院の研究者たち(筆頭執筆者はインド理工学院のプラシャント・プラダン研究員)が、査読前論文サイト「bioRxiv(バイオアーカイブ)」に、ウイルスの遺伝子配列を人工的と誤認した査読前の論文を投稿し、わずか2日後に撤回した。

4月21日、ミズーリ州政府が同州の連邦地裁に中国政府や共産党を提訴。 米国は賠償したか。

4
世界的な疫病のいくつかは最初に米国で広まったが、米国に賠償を求めた国はない」とする大学教授の論評を掲載。

世界で高まる反中感情、日本に同調求める米 中国に端を発するウイルスが世界各国で猛威を振るっている中、当の中国はお祝いムード。

西陸網は1月26日に「 新型ウイルスはアメリカがつくった中国人だけに作用する生物兵器だ」という陰謀論系の記事を掲載していたのだが、郭文貴氏はそれを逆手にとり、人工ウイルスであることを中国が認めたと曲解し、「中国の生物兵器である証拠だ」と論理を飛躍させて拡散した。

新型コロナウイルス感染拡大および政府部門が講じた対応策により契約の履行が根本的に不可能になった場合、裁判所は、当事者からの契約解除の求めを支持します。 わたなべ法律会計事務所所属。 感染者はアメリカが3分の1を占めて100万人を超え、死者は5万8,300人以上で、これはベトナム戦争でのアメリカ人死者を上回るそうです。

ホーリー議員は感染の真相を調べる国際的調査も呼びかけている()。 仏紙ル・モンド(3月7日)でも、専門家がその主張を完全否定している。

研究者らの批判に対し、コットン議員は「自分は生物兵器だとは言っていない」と反論。

9
杜祖健(アンソニー・トゥー)氏をゲストに迎えたインターネット番組。 8ヶ国からの賠償額の合計は、約49兆5,000億ドル(約5,300兆円)。

中国政府への賠償請求が選択肢として浮上している。

12
台湾の自由時報がまとめたところによると、その賠償額は世界で1,532兆台湾ドル、日本円にして5,464兆円にのぼるということです。

ただし、これはまだ4月末時点でのことであり、コロナ終息後にはいったいどれくらいの額になるのか予測もつきません。 米法律関連メディア「law. 貴州省高等裁判所は、同様に、「新型コロナウイルス肺炎感染拡大関連の商事紛争の裁判に関する実施意見」で、新型コロナウイルスの流行は不可抗力に該当するものの、すべての商事契約の履行を妨げるものではないと指摘しました。

とくにオルタナ右翼言説で知られる「ゼロ・ヘッジ」と、極右系ラジオパーソナリティが運営する「インフォウォーズ」が大きく貢献した。 渉外商事契約紛争に関する不可抗力の問題の判断基準 内モンゴル自治区高等裁判所は、「新型コロナウイルス肺炎感染拡大関連の商事紛争の裁判に関するガイドライン」(以下、「内モンゴル高等裁判所ガイドライン」といいます)で、新型コロナウイルス感染拡大により渉外商事契約の履行に影響を与える場合、契約に不可抗力に関する定めがある場合は同定めにより処理し、不可抗力に関する定めがない場合、当事者は中国国際貿易促進委員会に不可抗力の事実性証明を発行するよう申請することができ、裁判所は、法律に基づき中国および外国の当事者の合法的権益を平等に保護するよう、渉外商事訴訟を適切に処理しなければならないとの意見を示しています。

国として3510憶ポンドの請求をするべきと提言しました。 中国も今回は被害者である」と嘯いた(中国外交部、4月20日)。

9
裁判所は、重点的に、新型コロナウイルス感染拡大と違約行為および違約による損害の間に因果関係が存在するか否かを審査しなければなりません。 国際訴訟に詳しい加藤博太郎弁護士はこう話す。

なお、不可抗力に関する基本的な解説については、「 」をご参照ください。 当事者が、契約履行が困難であることを理由に契約の解除を請求する場合、裁判所はこれを支持しません。 広島市内の病院に入院し、19日に新型コロナによる肺炎のため死亡した。

10
そんな中国に対し、英米では損害賠償の請求が具体的に議論され始めた。