津田沼 パルコ 閉店。 いやー、JR津田沼駅前のパルコも再来年閉店するそうで。それも寂しい話だねえ…。

今後も津田沼駅周辺の再開発が計画されており、商環境の変化などを勘案した結果、建物賃貸借契約の満了時期を踏まえて2023年2月末に営業を終了する。 津田沼パルコは1977年に開業しましたが、津田沼駅周辺の再開発に伴って、ほかの商業施設との競争が激しくなり、店舗の賃貸契約が満期を迎えるのを機に閉店を決めたということです。

駅前の不動産店関係者は「南口側の新興住宅街などの開発で、賃貸物件の需要は大半が南口側になった」と、津田沼エリア内での人の流れの変化を指摘する。 近隣に多い商業施設との競合が続く中、テナントの売り上げは30年前をピークに減少傾向で、建物の賃貸借契約満了(23年5月末)を機に撤退する。

パルコは、津田沼駅周辺や総武線沿線の開発が進行し、競合店の開業や増床リニューアルなどによって近年は減損損失を計上するなど厳しい事業環境であると説明。

津田沼パルコはA・B両館とも地下1階〜地上6階建て。 2020年2月期のテナント取扱高は津田沼パルコが119億9400万円、新所沢パルコは100億7100万円だった。

たぶん今も変わってないと思うんですが、決してお店の中は広いわけではなく言葉は悪いですが中がごみごみしてた印象が強いんですね。

19
跡地利用に関与する立場にはないという。 16年11月に千葉パルコ(千葉市中央区)が営業を終了しており、千葉県内からパルコが姿を消す。

パルコは、津田沼駅周辺や総武線沿線の開発が進行し、競合店の開業や増床リニューアルなどによって近年は減損損失を計上するなど厳しい事業環境であると説明。 それぞれの店で働く、あわせて20人の社員は配置転換を行うとしています。 J.フロント リテイリングは今後も、事業や店舗の将来性を見極めてグループ事業を再編し、経営を効率化していくとしています。

津田沼の場合は京成とJRのそれぞれの津田沼駅が離れてまして一番てっとり早く行くには、京成津田沼駅から先にも書きました新京成に乗り換えて一駅の新津田沼駅まで行く必要があったのと、私が高校生ぐらいの頃は京成電車がえらく揺れて乗り物酔いばかりしてたので自然とJRで千葉まで…という事が多かったですね。

新所沢パルコは、新所沢駅前に立地する商業施設として1983年6月から営業。

9
スポンサーリンク 津田沼パルコ 場所はこちら、千葉県船橋市前原西2-18-1、JR津田沼駅北口を出てすぐの商業施設です。 利用客は「津田沼の顔だった」「青春時代から通っていた」と寂しがった。

閉店日は津田沼パルコが2023年2月28日、新所沢パルコが2024年2月29日を予定。 利用客は「津田沼の顔だった」「青春時代から通っていた」と寂しがった。

駅周辺では再開発が計画されていて、店舗を取り巻く商業環境の変化などを中長期的視点にて勘案した結果、建物賃貸借契約の満了時期をふまえ、2年後の2023年2月末をもって営業終了することを決定したということです。 クリックよろしくおねがいします。