レボフロキサシン。 レボフロキサシン|効果・副作用・使い方|医薬品情報のメデマート

クラビットを慎重に投与する人 なお、クラビットを慎重に投与するべき人が存在します。

12
クラビットの服用後に痙攣が認められた場合、使用を中止して処置を受けます。

重症化しないように早期に発見し、早期に治療をすることが重要です。 1日1回の服用で効果的にクラミジアや淋病などの性感染症の治療に効果的です。 これを専門用語で選択毒性といいます。

6
そのため、授乳中の人へも安全に使用できる他の薬が用いられます。 • 膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、尿道炎、子宮頸管炎、胆嚢炎、胆管炎• 最初はウイルス感染のみの場合も多いですが、ウイルス感染の後に免疫力が低下したところで細菌の感染を生じることもあります。

サルモネラ属• 歯科での治療後にはクラビットが多用されます。

(「慎重投与」及び「重大な副作用」の項参照) 相互作用 フェニル酢酸系又はプロピオン酸系非ステロイド性消炎鎮痛薬 フルルビプロフェン 等 痙攣を起こすおそれがある。

咽頭炎• その他に、粉砕したり一包化したりすることも可能です。

腸チフス、パラチフスについては、レボフロキサシンとして1回500mg(錠500mg:1錠、錠250mg:2錠、もしくは細粒10%:5g)を1日1回14日間経口投与する。

1.7. 汎血球減少症(頻度不明)、無顆粒球症(頻度不明)、溶血性貧血(頻度不明)、血小板減少(頻度不明):汎血球減少症、無顆粒球症(初期症状:発熱、咽頭痛、倦怠感等)、ヘモグロビン尿等を伴う溶血性貧血、血小板減少があらわれることがある。 (50歳代病院勤務医、一般内科)• ただし治療上の例外として、複数の細菌をやっつけるために抗菌薬を組み合わせるケースが存在します。 • ・クラビット点眼液の主な副作用 クラビット点眼液の主な副作用には、 眼がしみる(刺激感)・眼の痒みがあります。

10
また、クラビット点眼液はメチシリン耐性黄色ブドウ球菌( MRSA)への効果が十分でないと判断されています。 非常に稀ですが、クラビットの使用後にこのような心臓への副作用が報告されています。

QT延長とは、「心臓が一回収縮して元の状態に戻るまでの時間」が長くなっている状態をいいます。 合成抗菌剤にはサルファ剤系と呼ばれる合成抗菌剤や、ニューキノロン系・キノロン系と呼ばれる合成抗菌剤などが存在します。

4
重症筋無力症の患者[症状を悪化させることがある]• ・呼吸による空気の通り道の感染 人間は呼吸によって酸素を取り込んで、いらなくなった二酸化炭素を排出しています。 肺炎クラミジア(クラミジア・ニューモニエ)• 注意1:本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。

肺結核及びその他の結核症については、原則として他の抗結核薬と併用すること• なお、この副作用は60歳以上の人や臓器移植を受けた人で現れやすい報告があります。 レボフロキサシン錠100mg「科研」 【シオノケミカル, 科研製薬】• ・有効性が広域で、内服が1日1回で飲み忘れが極めて少なく管理できる。 以下の方は、基本的に禁忌です。

5%「メーカー名」のような商品名になります。 小児等 原則禁忌 慎重投与 錠・細粒• ・クラビット点眼液はコンタクトレンズの上から使用できるか? クラビット点眼液が使用されるとき、 コンタクトレンズを装着するのは勧められません。

7.1. 〈炭疽等の重篤な疾患以外〉投与しないこと(小児等を対象とした臨床試験は実施していない、動物実験(幼若犬、若い成犬(13ヵ月齢)、幼若ラット)で関節異常が認められている)〔2. 【細粒の場合】 通常、成人には1回500mgを1日1回服用して下さい。

2
(授乳婦) 授乳しないことが望ましい(ヒト乳汁中へ移行することが報告されている)。 • ・ライエル症候群やスティーブンズ・ジョンソン症候群 クラビットによる重篤な副作用で稀な例ですが、「ライエル症候群」や「スティーブンズ・ジョンソン症候群」という、いわゆる重症化した薬疹(薬による発疹)を生じることがあります。